相棒-劇場版-
絶体絶命!42.195km
東京ビッグシティマラソン


満 足 度
57.5%
回答者数10


DVD,VHS,関連書籍,
サウンドトラックを探す,
Amazon.co.jp



★★★★★
From: みょんがん(NO MAIL) 6月 10日(火)15時17分23秒
テレビシリーズの 映画化かあ。要するに マジンガーZVSデビルマン のようなものでしょう。 東映マンガまつりの 大人版で東映ドラマまつり みたいな 企画なのでしょう とまったく 期待せず、昼飯までの腹ごなしに劇場にはいったら あれあれ 相棒を見にはいったはずが、なんだか ランボーみたいな OPじゃないかなと 思ってから 一気呵成に最後まで 見てしまった。おもしろいじゃん! これなら 東映ドラマ祭り OKだよ!
★★★★
From: 素人さん(NO MAIL) 6月 2日(月)09時14分58秒
友人に無料券をもらったので、公開が終了する前に行ってきました。TVでも相棒は一度も見たことがないので、特に期待はしていなかったのですが、なかなか面白かったです。解決してないところ(描かれていない部分)や戦車登場の恐い音楽等、わからないところも多かったですが、この映画で伝えたい事は分かりました。報道のあり方や政治の裏は考えさせられます。寺脇さんはかなり体を張ったキャラなんですね。それがちょっと感動しました。
★★★★
From: かーぼ(NO MAIL) 5月 26日(月)02時07分15秒
注:「相棒」ファンです。前置き。全体的に駆け足な展開でしたよね。推理劇、というよりは活劇寄りの犯人探しでしたが、その分テンポがよくて面白かったです。「劇場版じゃい!」と気合の入ったエネルギーで演者達が元気よくて、ワクワクしながら観てました。寺脇さんがいつもより走る走る。水谷さんが顔面ブルブル震えっぱなし。いかにもTV番組の映画化、という感じは、まぁありますけど。でも、とても楽しめました。
★★
From: kankan(NO MAIL) 5月 25日(日)21時54分07秒
下の方が書いていたように前半と最後の犯人のギャップが激しくて、相棒でありがちな「ひねり」がここから出てくるのか?と思っていたら、終わってしまいました。お金のかかった2時間特番ドラマだったかも。西田局長がちょっと暑苦しかった。最後のまとめをお手紙朗読というのは映画としてどうなのかな?と思いました。
★★★★
From: mie(NO MAIL) 5月 24日(土)19時22分28秒
後味が悪いのが、相棒の醍醐味ですね。ところどころ、う〜ん?と思うところもありましたが全体的には良かったと思います。
★★★★
From: sak(NO MAIL) 5月 12日(月)23時05分35秒
たまにドラマをみる程度で主要の登場人物しか把握してないのですが、観た後に☆はいくつだろう…と考えたのですが素直に面白いと思ったので四つだなと思いました。色々と突っ込みをあげるとキリがないなあ…と見おわった直後に思ったのですが、強いメッセージ性のあった映画だったのでそんなに悪くないな、という印象でした。踊る大捜査線みたいな気楽なバラエティ映画気分で見に行った自分としては辛った。(相棒にそれを求めてはいけなかった!)さて一番悪いのは誰なんだろうと思いましたが、そういう考えさせる所は相棒らしい話の内容で良かったですね。
★★
From: れの(NO MAIL) 5月 12日(月)01時29分52秒
ドラマ版相棒をファーストシーズンから見続けてきた者の感想です。大スクリーンでいつもの面々の活躍が見れるのはファンとしてうれしいですが、正直、ドラマ版のほうがまとまってて好きですね。やりたいこと、いいたいこと、やらなきゃいけないことを無理矢理詰め込んだらグダグダになりました、ハイ残念、といった映画です。しかし、数々の伏線張りっぱなし、前半の猟奇殺人と真犯人のキャラクターのあきらかなギャップ・・・思わせぶりな空港シーン、そして犯行回想シーンまったくなし!というすごい映画ですが、この映画の言いたいことの1つであろう「画面に映される情報はほんの僅か、おまけに誰かの意図で歪められている可能性もある、さあ、あなたは何が起こったか的確に判断できますか?」という問いを地でいく映画・・・なのかもしれません。あまりにやり方がアンフェアですし、1本の映画としてキチンと説明しろよ!っていうか実は尺が足りなかったんだろ!という憤りももちろんありますが、まあこういう見方もあるということで。余談ですが、小説版では犯人が違うとか・・・。
★★
From: jun(NO MAIL) 5月 7日(水)12時53分06秒
私はTV版の「相棒」はまったくの未見であるが家族がとても面白い、というので一緒に見に行ってきたのだが・・・。下の方々は「相棒」にそれなりの期待を持って、また愛着をもって見た結果、TV版のほうが面白いという結果なのだろう。初見の私でも、明確な繋がりや小ネタは分からずとも、それぞれのキャラの性格などはなんとなく分かった。しかし分からないのはストーリーのほうである。前半での犯人の犯行は誰が見ても猟奇的犯罪か愉快犯のそれであるのに最後に明かされる犯人はそれとは似ても似つかぬ人物と動機。前半であんなことをしておいて、実はこんな理由だったんですよ、と言われても誰が共感できるだろうか?しかも社会の注目を集めることこそが目的のはずなのに、会員制のアングラサイトを利用するなど、まるっきりやっている事が逆ではないか。そもそも物語の根幹となる東京マラソンとチェスがまったく意味をなしていないではないか。製作者は「映画用に尺を伸ばしてちょっと派手なことでも入れておこう」などと思ったのかもしれないが、TV版を見ていない者にはただの支離滅裂な映画にしか見えない。しかもラストが最悪である。なんと水谷豊が延々と手紙の朗読で一から十までご丁寧にぜーんぶ説明してくれるのだ。これで分かった、この映画の製作者は完全に観客を馬鹿にしているのだ。この映画を見るにあたっては、TV版を見たうえで、キャラクターに愛情を持ち、少々の事は笑って許せるようになってから見に行くのが正解なのだろう。
★★
From: IK(NO MAIL) 5月 7日(水)09時06分12秒
相棒を知らない人なら3点くらいかなあ相棒を知ってる人ならがっかりの1点か2点くらい、だと思います。以下ネタバレ前半の犯人像と 後半の犯人が全く印象が変わってしまいストーリーには疑問を禁じ得ません。脚本の人が そういえば「なんとか水」さんではないのでそれも原因だったかも。社会問題を取り上げ、視聴者に現実を突きつけることは時々相棒でやることですが、今回のはあまりに相棒と関係なさすぎるテーマで引いてしまい、ラストに彼女、は何かやるかなあ、と思いきや何もせず。。エンドロールで何かあるだろう、と思いきや何もなし。相棒を見慣れているから自然にハードルがあがっているのかわかりませんが、映画にするメリット無しでした。
★★★★
From: ペコ(NO MAIL) 5月 5日(月)21時56分54秒
ツッコミどころを上げるとキリが無いですが素直に面白かったです。5年前の現実の事件を使ってたりしてたのでいろいろと真剣になって観ていました。まあ、細かいところやトリックとかにこだわる人気にしない人なら楽しめると思いますただドラマを観てた人は、ドラマの方でもっと面白いのがあったという人もいると思います。しかし水谷豊と西田さんのシーンは必見です。余談ですが、最初の売上げだけなら男たちのYAMATOを超えてるらしいです。50億は無理だと思いますが大ヒットは間違いないです。自分が観た時も超満員でした。やはり踊るにしてもHEROにしても、この相棒にしてもキャラが立っているドラマの映画化は当たるらしいですね。