ウォンテッド

満 足 度
46.4%
回答者数14



DVD,VHS,関連書籍,
サウンドトラックを探す,
Amazon.co.jp



★★★★★
From: よしこ(NO MAIL) 12月 14日(日)18時19分22秒
めちゃくちゃおもしろかったです。今年一番気に入った映画になりました♪これから、もっとジェームスマカヴォイには活躍してもらいたいです(^^)
★★
From: ばいお(NO MAIL) 10月 31日(金)03時43分08秒
後半のシリアスな展開に序盤のコミカルなシーンが浮いてる気がします。あと思ったよりちょっとグロイです。また、ヒロインのフォックスに生活感が無かったり性格がよく分からないので、アンジェリーナ・ジョリーの知名度だけで魅力を付加しようとしている気もしました。後半の実は…という展開もそれまでの行動を考えるとちょっと強引な感じ。いまいち面白くなかったので、とりあえず面白くない所を考えて挙げてみました。
★★
From: たろさ(NO MAIL) 10月 24日(金)23時57分28秒
ネタバレ最初の方のシーンで、超人急の動きをした人間がでてきたからハルクとかハンコックとかその手の映画かと思ってしまいました。その後のストーリーからするに、映画の構成自体になんか違和感があると言うか・・・あの椅子に座らせて殴るシーンは一体なんの意味があるのだろうか?私には?でしたアンジョリーナ・ジョリーも役も中途半端、死ぬのも中途半端。最後モーガン・フリーマンがひょっこり現れてあっけなくやられるシーンも安直すぎる。そんな弱くねえだろアンタ。なにもかもが違和感ありまくりの映画でした。
★★
From: テッド(NO MAIL) 10月 17日(金)03時05分10秒
映像に頼った、中身のない映画でした。グロいって映像だとわかっているつもりでしたけど、目を背けたくなるようなシーンもあり、ハードなアトラクションを乗り終えた後の脱力感と、気持ち悪さだけが残った感じです。
From: ath(NO MAIL) 10月 15日(水)13時08分36秒
あん‐さつ【暗殺】 [名](スル)主に政治上の立場や思想の相違などから、ひそかに要人をねらって殺すこと 民間人の大勢乗った電車を谷底に突き落としておいて、どこが「プロの暗殺集団」なのか?アンジーの魅力で★1つプラスしようかとも思ったが、脚本や設定が余りにもグダグダ、酷すぎて無理。残虐的でグロテスク、スカッともしない自己中心的な展開。冒頭の主人公の日常生活もつまらない台詞で説明するだけ、アンジーの登場の仕方もセンスを感じず、悪い予感はしたのだが…隣にポップコーンをクチャクチャ音を立てて食べるマナーの悪い客がいたが、それも気にならないほど気分の悪い映画だった。
★★★★★
From: (NO MAIL) 10月 14日(火)11時16分45秒
とても面白かったです。マンガのノリを楽しむ作品。大いに笑い、大いに興奮できました。
★★★★
From: フラワー(NO MAIL) 10月 13日(月)16時35分37秒
合格点を上げられる水準にあると思う。アトラクション度数の高い今作のような娯楽作品は映像面で新鮮なアイデアさえあれば、それで充分。余計なことなど考えずに、ノリ重視で楽しめた。アンジョリーナ・ジョリーは相変わらずの存在感を発揮してた。後半尻すぼみになったのも、ストーリーの構成上やむを得なかっただけで、彼女が悪い訳でもないし。初っ端の登場シーンは、やっぱり迫力アリアリだった。序盤線の、ストーリーがこれからどうなってゆくのか全く見えない部分を彼女のカリスマ性一本で支えている。ストーリーのオチの部分がグダグダだったので、次回策に期待したい。
★★
From: デイウォーカー(NO MAIL) 10月 12日(日)02時49分58秒
うーん、映像だけの作品て感じでした。結局やってたことは、内輪揉めだし、もっと法で裁けない悪をバンバン暗殺するのかと思いました。しかも暗殺のターゲットを決めるのが、機織り機てなんじゃそりゃ。すぐに傷が回復する風呂とかありえない。
★★★★
From: ペコ(NO MAIL) 10月 11日(土)15時51分46秒
ちょいネタバレします。正直この作品の感想コメント欄が出来るのが遅かったので、あんまり覚えてないですが・・・でもすいません、こういう作品好きです(笑)「千を救うために一を殺す」とか言っておきながら電車の中のシーンでは、オイオイって思ったりストーリー展開もなんじゃそりゃ〜って突っ込み所満載だったけど上司が文句を言ってくるシーンでのホッチキスとか銃が一周するとか、新しいなって思いました。あと音楽がカッコイイね。だから、いくら不謹慎だと思っても上司にキレる所や友達キーボードで殴るとかとかはかなり観ていて気持ち良かったです(笑)アンジョリーナもあくまで脇役に徹した所は好感。モーガンも良かったけど、なんとなく小遣い稼ぎに見えてしまう。とまあいろいろ思い、☆3つでいいかと思いましたが映画館での迫力、マンネリ感の無さと言った所でおまけして☆4つで。
★★★★★
From: ぐりーん(NO MAIL) 10月 11日(土)14時58分12秒
面白かったですたしかに皆様のおっしゃる通り、ストーリーや監督の趣味、人の命の扱いは最低!です少し気分が悪くなるところもあるかも。ただ、そういうことを気にする映画なのかな??アクションが面白いので、頭パーにして楽しんでましたよド派手でありえなさすぎるアクションが続くから、おいおいすげーな笑 って感じで興奮してましたそういえばこの映画って、どんでん返しをうたってたんですか??全然知りませんでした!でも、全くどんでん返しとは思いませんでした笑
★★★★
From: みょんがん(NO MAIL) 10月 11日(土)14時37分44秒
不謹慎きわまりない、お行儀の悪い映画を、たっぷり堪能させていただきました。人の命をあまりにも軽く扱い、残酷描写もてんこ盛り、さらに「あいあむゆあふぁざー」でイスから落ちそうになりました。酷評なされる方々のお気持ちはもっともですが、私はものすごく楽しんで見てしまいました。最近の映画はお行儀のいいのばかりなのでこういう、礼儀作法のなっとらん、反道徳的な作品も あるとおもいます。しかし、15禁ということでものすごく期待していたアンジョリーナさんのエッチシーンがおしりフリフリだけで 終わったのは ふざけんなあ! と いうことで 星一つ減点。
From: jun(NO MAIL) 10月 11日(土)12時43分40秒
今年見た映画の中では完全にハズレを引いた感じである。予告にあるカーアクションやら、弾丸を曲げたりなど、スタイリッシュに見せておいて、中身は実に悪趣味そのもの。若干ネタバレありだいたい弾丸がスローモーションで頭部を貫通するシーンを繰り返し見せられて誰が喜ぶのだろう?さらに死体に銃を突き刺し、盾にするなど監督の趣味の悪さ全開である。下の方も言っているように、どんでん返しでびっくりするというよりも、「そんなことも分からんのか、このマヌケ」と文句のひとつも言いたくなる。脚本がダメだと何やってもダメなのだと、改めて思い知らされた映画だった。
From: QQQQ(NO MAIL) 10月 11日(土)09時26分43秒
今春、公開された我がまま映画”ジャンパー”を思い出しました。大物スター2名が出ても、ストーリーが如何しても?ネタバレあり。予告編で何度も見せられた冒頭のカーアクション・シーン。終盤になれば、何であんな無駄玉発砲!と思ってしまいます。列車の乗客も可愛そう!それに、お風呂に入って再生完了は、チョット悲しい。
★★
From: ネコバ(NO MAIL) 10月 11日(土)07時58分48秒
ネタバレ大いにあり。この作品、一体何を楽しんだらいいんだろう。派手なアクション? 凝ったSFX? それともどんでん返しのあるストーリー? 鑑賞前はそれなりに期待していただけに、その反動もあってか今回は久々にハズレを引いてしまったって感じ。暗殺集団の行動原理はかなりブッとんだものだが、この手のタイプの作品である以上、設定自体は荒唐無稽であっても別に構わない。ただそのようなストーリーを左右するような大事なことを、主人公がフォックスのあの程度の自分語りで、あっさり信じてしまうって言うのが如何にも弱い。そのため、早くも序盤からストーリーに乗っていけない有り様。だいたいそのストーリーも、どんでん返しが用意されていると言えば聞こえはいいけど、結局はマヌケな主人公がダマされまくっているだけ。後半いくらアクションシーンで格好をつけられたところで、それこそ何の魅力を感じることもなかった。そうは言っても、取り合えずSFXの出来がいいのは確か。普通なら、せめてここくらいは評価したいところなんだけど、肝心のストーリーがヘナヘナなため、せっかくのSFXもただの無駄遣いにしか見えなくなってしまい、却って作品のダメさ加減を浮き上がらせる結果にしかなっていないんだからどうしようもない。列車のシーンに至っては、その映像に感心するより、「派手なSFX撮りたいってだけで、あれだけ無関係な人間を犠牲にしまくるような展開にしといて、こっちが単純に映像のスゴさにシビレるとでも思ってんのか!」と言う苛立ちの方が先に立ってしまったほど。終盤は、ダマされて父をその手で殺させられた主人公の復讐と言う形で、シリアスにやったつもりなんだろうけど、それまでの展開で自分が引いてしまっているから、こんなところでいくら頑張ったところで、ただもう薄っぺらいだけ。逆に真面目にやればやるほど、陳腐さが増していくと言う印象しか残らなかった。バカ映画ならバカ映画で、それなりに楽しみ方はあるんだけど、結局この映画はそのバカ映画にすらなれていない(てか、なろうとしてない)。 ★については、一つで十分ってのが正直なところだけど、あの中ではそれなりに魅力的なキャラを見せてくれたA・ジョリーに★一つプラス。