エリザベス

満 足 度
63.2%
回答者数53

★★★★
From: かとちゃん(NO MAIL) 12月 10日(金)06時05分55秒
良かったと思う!!ストーリーは分かる人には分かる、という感じがあったけどラスト、あの顔を白く塗って登場したあのシーンだけで十分な満足感が得られた。最後の“説得力”にうーむと思わされた。個人的に参謀役のおやじさんが好きで、彼がエリザベスを密かに好きだったりしたらもっとグーかな〜なんて考えたりして。キャラクターの書き方も申し分ないけれど、あのフランス貴族だけは・・・・カンベンして・・。(−−;)あんな描き方しなくても良かったんじゃないの!?
★★★★
From: てんく(NO MAIL) 12月 4日(土)23時59分09秒
正直言ってちょっと難しかったです。まぁ、2時間くらいにおさめるんだからしかたないけど。ケイト・ブランシェットの演技はすごかった!!オスカー取れなかったのが不思議なくらい。そしてジョセフ・ファインズは濃かった・・・。
★★★★★
From: チョント(NO MAIL) 12月 4日(土)00時49分20秒
そういえばこの作品は試写会でみたものでした。観てだいぶ経つので感想というより、最近観た他の映画に比べてみようと思いカキコしました。たしかに歴史的背景を忠実に、そしてエリザベスを一人の市民(人間)としてとらえていてアカデミー賞ノミネートは納得いくものだったと記憶しています。最近の作品にくらべれば評価はより上のほうだと思います。
★★★★
From: ゆうき(NO MAIL) 12月 3日(金)16時05分03秒
おもしろかったです。一生騙されてた男を想い続けるなんて、凄いです。ちょっと涙をさそいました。
★★★★
From: たけし(NO MAIL) 11月 27日(土)18時26分30秒
ジェフリー・ラッシュ、相変わらず渋い。ケイトブランシェット、前半は・・・でしたが、後半は女王の風格が出てました。この作品は「宣伝文句」が下手かな。ポスターも雰囲気が暗いし。見るのにためらっちゃう人も居るかもね。個人的には作品内容は良かったですよ。
★★★★
From: ひろりん(NO MAIL) 11月 26日(金)23時59分08秒
成就しなかった恋に一生とらわれていた女性だとエリザベスを捉えると、涙なしには見られない映画です。でもね、なんであんなバカな男を好きになったんだろう。妻がいたり、浮気したり(恋に落ちたシェークスピアとかぶっていましたねえ)。唐突に、男に妻がいたという事実が明らかにされるけど、あれってどうして?歴史はン十年前に勉強して以来だから、すっかり忘れちゃってんだけど、女性の一生と思って見ると面白い。ほんと、キャリアウーマンは身につまされるところが多いのでは。
★★★★
From: (NO MAIL) 11月 25日(木)04時08分05秒
私の評価は高めです!何より歴史ものは話の深みや人物の動きがリアルなので好き。暗殺の危機なんかをもうちょっとやってくれるとよかったよーな…。衣装が豪華。化粧も豪華。完璧を演じなければならなかった女性の一人を身近に感じさせてくれました。
★★★★★
From: きゃら(NO MAIL) 11月 23日(火)12時21分36秒
歴史物は実話という点でとてもおもしろく、興味があります。エリザベスという私たちからかけ離れた存在の人物が絶対君主になっていく課程で努力しながら(話す練習など)英国をまとめていく様子がエリザベスを身近な存在にしてくれています。
From: ゆら(NO MAIL) 11月 18日(木)03時20分40秒
私としては正直、つまらなかったです。全体として淡々としすぎていて、盛り上がりがない。まだストーリー始まらないの?まだ?と思っているうちに、あれ?終わり?という感じでした。
★★★★★
From: たけうち(NO MAIL) 11月 15日(月)01時20分25秒
あえて言うなら「隙がなさ過ぎる」のが欠点かも。私の周囲では一概に評価が高いので点がひくくて驚きましたがジャンル的に好みがあるのでしょうね。ケイトは最高に美しかったです。ナマで見ると本当に抜けるような白い肌をしているのですよ〜。>robotさんカメラアングルについては、前半俯瞰が多いのはエリザベスの弱さ、無力さを際立たせる「神の視点」を取り、彼女がつよくなっていくにしたがってカメラさえも彼女の前にひれ伏していく、という趣旨だそうです。監督が言ってました。
★★★
From: サトウナオ(MAIL) 11月 13日(土)21時24分18秒
この映画は予告編とかを見て、期待したレベルジャストくらいの質だと思います。衣装とかキレイだろうなー・・とか、役者さんは演技うまいだろうなー・・とか。そのまんま。それがレベル低いってことじゃなくて、期待通りでそれを少しも裏切ったり、上回ったりしないんでこのジャンルが好きじゃないとね。
★★★★
From: ma-(NO MAIL) 11月 5日(金)00時45分40秒
立場はぜんぜん違うけど、仕事優先にしている女性とエリザベスの気持ちはすごく似ていると思った。
★★★
From: tabaraja(MAIL) 10月 31日(日)20時19分08秒
「ん〜・・・」という感じ。国家の絶対君主というのは、誰もが憧れる対象にされやすいが、人間としての幸せとは隔離された人生を送らなくてはならない。それが女であれば尚のことで、エリザベスが普通のお姫様から歴史上の名君になっていくさまが 、彼女自身の苦悩とともに良く描かれてると思う。ただ、人によっては全く面白くない映画で、NHKが深夜に放送しそうな感じ。
★★★★★
From: rin(NO MAIL) 10月 31日(日)01時53分18秒
みんなそれぞれ演技がすごい!!ジェフリー・ラッシュも渋くて、なんとも言えない存在感があり、ケイトブランシェットも!!どんどん女王の風格が出てきて!!すごい演技力!!それに衣装もみんな洗練されてて、大好きでした。すごく贅沢で豪華な映画で大満足です。
★★★
From: robot(NO MAIL) 10月 29日(金)20時51分27秒
「主役がブス」と観た何人もから聞いてたんだけど思っていたより映画の中の彼女はとても笑顔が美しかった。ただ、なんか宣伝の仕方間違ってるんじゃない?ちらし、雑誌等々から想像してたものと全然違った。当然お金かけただけの面白さはあると思うけど、前半俯瞰からのショットが多かったのに後半はまるでなし。これなんかのめりはりの効果なんてあるわけないし、ちゃんと構成考えて撮ってるのか疑問に感じた。
★★★★
From: ガーネット(NO MAIL) 10月 22日(金)00時02分17秒
ジェフリー・ラッシュの存在が とても大きかった。恋を捨てたと思われたエリザベスの 最期の言葉にとても救われた気がしました。
★★★
From: すずまき(NO MAIL) 10月 21日(木)18時07分26秒
さすが、衣装は豪華ですよね。それだけでも、私には見る価値あり。それにしても、一国を切り盛りしてくのは、生半可なことではないのですね。あと、怖かったのは最後のエリザベスの化粧。ちょっと、大屋政子が入ってた。
★★★★★
From: サイ子(NO MAIL) 10月 19日(火)21時29分04秒
すっごく面白かった!勿論、難しかったっていうのもあるけど、とにかく配役、シナリオ、映像、衣装、何から何までセンスが行き届いていました。しかし、注目すべきはやはり若手ニューアクトレス、ケイト・ブランシェットでしょう。彼女の演技は、目を見張るところがあった。あそこまでゴージャスな衣装、ゴージャスな名優に囲まれながら、全くひけをとらないどころかむしろ彼らのパワーを吸収し、さらに大きな演技をしているようにさえ見えた、あの地味な顔つきで。とにかく、その全てが芸術的な名作でした。(何をとっても「恋に落ちたシェイクスピア」に勝っていた、ジュディ・デンチとジェフリー・ラッシュをのぞいては)
★★★★
From: HiroHiro(NO MAIL) 10月 17日(日)13時22分52秒
中世ヨーロッパを舞台にした映画が好きなので満足しています.ただ,フランスやスペイン,スコットランド,ローマを相手にしているというスケールの大きさを 感じることが出来なかったのが残念です. とにかく,中世ヨーロッパが好きな人は 見て損はないと思います.残酷なシーンも多いですが,きれいなシーンも結構あるので.(ヨーロッパに行きたい!)最後に 日本の政治もこれだけ危機感を持ってやって欲しいな〜 なんて思いました...
★★
From: 緋夏(NO MAIL) 10月 15日(金)21時56分04秒
エリザベスはかっこいい女王だというのを新聞で読んで見に行ったので、はっきり言って物足りなかった。ただの、恋する女の子が成長する話だと知ってれば違ってたかも。もっとすごい陰謀とか、策略とか、戦略とか、戦術とかを期待してしまったので。それに、これ言っちゃいけないかもだけど、この映画の中でさんざん女王は美しいって言ってるけど、あんまり綺麗ではないですよね。演技は、みんなすごくいいと思うけど。
★★★★
From: 山下.バンビーノ.H(NO MAIL) 10月 14日(木)14時32分51秒
ケイト・ブランシェットが僕の心を揺らめかせました。それに音楽がすごく映画の雰囲気を出しているところがよかったと思います。あとHシーンがちょっと恥ずかしかった。
★★★★
From: moko(NO MAIL) 10月 14日(木)01時25分03秒
映画を面白く観るために期待しすぎてはいけないですね。けっして面白くないわけではないのですがもっと凄いのかと思ってました。大河ドラマと評した方がいましたが近い物がありますね。ただ、大河ドラマだともっと愛着を持って<ヒーロ・ヒロイン>に仕立て上げるような気がしますがこの映画はそうではない気がします。とても冷静に<エリザベス>を描いていますね。見方を変えるとそこがまた面白さでもあるのでしょう。ケイト・ブランシエットは宣伝でみるかぎりでは恐かったのですが、恋するお姫様の時は驚くほど可愛く感じました。おどおどしている女王から怖いくらい凛とした女王への変貌はやはり演技力のたまものでしょう。
★★★★★
From: (NO MAIL) 10月 13日(水)13時59分27秒
ケイト・ブランシェットノ演技にはびっくりした。たぶん演技力だけならグウィネス・パルトローの遥か上をいく。歴史ドラマの描き方も迫力があって良かった。さっすがアカデミー賞7部門ノミネート作品。
★★
From: こま(NO MAIL) 10月 10日(日)20時05分18秒
エリザベスの統治力が観たかった。就任してから真の「女王」となるまでなんて…。がっかり。話はある程度(勢力関係とか)分かったし俳優の演技に不満はなかったから別にいいけど。でも演出がすごいと思ってた。読売新聞に躍らされました。
★★★
From: 正俊(MAIL) 10月 1日(金)12時09分50秒
役者の演技はよかった。ケイト・ブランシェットはエリザベスが、単なるお嬢様から権謀にたけ、威厳を備えた女王へと成長するのを結構うまく演じてる。それよりもうまいのはクリストファー・エクルストンとジェフリー・ラッシュ。陰謀劇の主役は完全にこの二人だった。ただ演出の安易さが目立った。シーンの一つ一つに工夫の跡がまったく見られなかった(川が血で染まるのを敗戦のシーンに使うなんてあまりにも安易だと思います)。この映画は宮廷の陰謀劇と女王の恋という二つの柱からなっている。恋愛っていうのはあまりにメジャーなモチーフのためすべてのパターンが描き尽くされている。だから恋に落ちた二人の情熱(パッション)と二人の間の微妙な距離感をいかにうまく出せるかが、面白いかそうでないかの鍵になるのだ。その点ではただ愛を囁きあってセックスしただけで二人の愛は出来上がり、後は嫉妬があるだけのこの映画は安易である。ここをうまく表現できていればもっと面白かったのに残念。
★★★★
From: あこ。(MAIL) 9月 28日(火)19時36分03秒
世界史をまったくといっていいほど知らないので、中盤、本当にわけがわからなくなってしまいました。衣装と音楽、映像は素晴らしかったと思います。拷問シーンや火あぶりにされるシーンは、怖かったです。役者さんが良かったです。個人的にジェフリー・ラッシュとジョセフ・ファインズが好きなのでよかったです。この作品を見るまでは、パルトローも結構好きだったんですが、ケイト・ブランシェットの演技は、彼女より良かったと思いました。弱々しい就任直後のエリザベスから、強い女になっていく、その変貌ぶりは見事だったと思います。歴史物が好きなので、この評価。
★★★
From: ギッチョ(NO MAIL) 9月 27日(月)17時09分52秒
ジョセフ・ファインズ。お前はまた妻帯者か。
★★
From: deko(NO MAIL) 9月 24日(金)15時21分26秒
衣装 背景は楽しめたが...残虐シーンが多くて、気分悪くなりました。はたして、それらのシーンはほんとに必要だったのか?監督のセンスを疑ってしまう...ヨーロッパの歴史に興味があるので 楽しみに出掛けたのに、レンタルでもよかった感じ2時間もかけてみせられた所は半分に短縮して後半にエリザベスの統治力のすごさが観たかったナー
★★★
From: うに(NO MAIL) 9月 22日(水)08時06分31秒
ケイト・ブランシェットは、よかったと思います。衣装も素晴らしかった。ただ「ん?これはインド映画か??」な大仰な演出(殺しまくったり、すごく残酷なのを表現したいのだろうけれど、オーバーすぎて笑ってしまった)が、ちょっと興ざめでした。あと、世界史の知識(日本人が観るなら)や、あの時代に関する本を読んでいたりしないと、おそらく知っているという前提で?トントンと話が進んで行くので、退屈する人がいるかもしれないなぁと思いました。後ろの3人組の女性は、とにかくコソコソしゃべってばっかりだった……例:J・ファインズが出てきたら「あっあの人は○○に出てた!」といちいち反応し、人物の関係や時代背景についても延々。つかれました。映画自体は、個人的に歴史モノは嫌いではないので、まあまあでしたが。。。
★★
From: デフィ(MAIL) 9月 21日(火)07時12分06秒
 英国版NHK大河ドラマって酷評ですかねぇ? 極普通の歴史物、何故退屈したかといわれると、エリザベスが生き残ることは歴史として知っているから、サスペンスも振るわない。こういう有名な人を描くのには相当工夫が必要なのではないでしょうか? ブレイヴハートでは僕は全く知らなかったウイリアム・ウォレスという人物のは無しだったので物語を存分に楽しむ事が出来ましたし、戦闘シーン、主人公の感情(特にスコットランドの王子(名前忘れました)に裏切られた時のメル・ギブソンの表情は忘れられません。)など、ピカ一の映画だと思っているので余計に物足りなく感じたのかも。
★★
From: NAO(NO MAIL) 9月 19日(日)09時23分27秒
衣装と映像は迫力十分だが、話に脈絡がない。何の伏線もなく、人々が女王に反旗をひるがえし、たいしたドラマ性もなく簡単に殺されていく。ただ、それだけの映画。一言、つまんなかった。
★★★★★
From: メメ(NO MAIL) 9月 18日(土)00時50分10秒
見ごたえタップリ。だってうまいもんみんな。特にケイト・ブランシェットが。即位したてのおどおどした顔つきから次第に女王の威厳をもつ表情になるところとかね。ジョセフ・ファインズも女王を愛していたならもその愛ゆえに裏切ってしまうロバートを演じきってる。皆さん、衣装を誉めますが、私は音楽もかなりよかったと思います。
★★★★
From: KAMI(MAIL) 9月 14日(火)14時17分21秒
なーんでシェークスピアが出てくんの?なーんでダースモールが出てくんの?なーんで最後に鈴木その子になっちゃうの????
★★★
From: ぬま(MAIL) 9月 12日(日)02時49分25秒
ケイト・ブランシェットの顔が、「女」から、「女王」にだんだんと変化していくのが、観ていてよくわかった。そういう意味では、ケイト・ブランシェットに★★★★くらいはあげたい。話の内容としては、僕は日本史は成績がよかったけど、世界史はとても悪かったため、いまいちピンとこなかった。
★★★
From: junko(NO MAIL) 9月 11日(土)16時07分21秒
すんご〜〜く期待して劇場に行ったのですが、あまり期待していたほどじゃないなぁというのが正直な感想です。でも、さすがジェフリー・ラッシュはすんごく良かった。お見事!
★★★★
From: ケイジ(NO MAIL) 9月 10日(金)21時15分26秒
僕も衣装が気に入りました。学校で服飾を習ってるんですが色の使い方が本当に上手でした。彼女に誘われて見たんですが、見てよかったです
★★★★★
From: かな(NO MAIL) 9月 10日(金)20時03分23秒
衣装が必見!あと、役者さんがうまかったウォルシンガムがかっこよかったので思わず帰りの本屋さんでその時代のことを書いた本を買ってしまいました。テンポも良かったし、ある程度の基礎知識のある人だったら楽しめると思う(って言っても高校の世界史程度で十分のはず)
★★★★
From: やち(MAIL) 9月 10日(金)19時51分16秒
面白かったですね。とくに衣装。とくに役者さん。さすがにシェイクスピア劇の伝統があるだけあって手堅いできでした。どの俳優さんも魅力があった。演技、個性、どちらも満足なレベルでした。話の中で、善悪の区別というのは特になかった。外国人監督・カプールの冷静な目から見た英国史という気がしました。宗教にせよ歴史にせよ、二元構造では割りきれなかった時代を面白く描いてくれたと思います。難を言えば、ラストのオチのつけ方はあまりにも強引でベタだったのではないかと思う(モーツアルトのレクイエムと共に女性性を殺して生きて行く女王、ってのにもヒいた)その辺が良くも悪くも大河ドラマなんでしょうね昔読んだ「クレーブの奥方」とか思い出しました。あとは、アンジュー公の馬鹿さ加減ってどうよ、とかいがぐり君(ノーフォーク公)の自信過剰のイキっぷりがいける、とか、ダドリーダメダメとか、見終わった後、キャラいじりな話ができる点も見所ですか(男優がみんなイイ男だった・・・)
★★
From: ケラケラケラ(MAIL) 9月 10日(金)00時17分30秒
中世の雰囲気バッチリだったんですけどね。エリザベスはハッキリいて悪役。悪役を主人公にして物語が進むから、エリザベスの発言に共感できないシーンが多過ぎた。ジェフリー・ラッシュの参謀はハマリ役。彼の謀略がビシバシ決まるのは爽快でしたが、完璧すぎるのもまた、モノ足りなさを感じました。
★★★
From: はじめ(NO MAIL) 9月 8日(水)22時57分57秒
予想もしなかったような、才気や、したたかさがどんどんでてきて、周囲の人間がおおっと驚いてく感じを期対してたんですが・・。結局、優秀な部下に助けてもらってばかりで、普通の小娘すぎやしませんか?生身の女王つったって、あそこまで国を復興させた人なんですから。時代背景が分かり辛くても、それを超える感情的に訴えるものがあればそれで良しなんですが、それも無かった。もっと面白くなるはずだったのにな〜。「恋に落ちたシェイクスピア」VS「エリザベス」は、水戸黄門VS大河ドラマで、庶民性が受けて「恋に・・」の勝ちってところでしょうか。
★★★
From: TEMMA(MAIL) 9月 8日(水)14時50分06秒
「16世紀宮廷版女ゴッドファザー」ストーリーを語ることだけに手一杯で、映画的面白みに欠ける。それにもましてどぎつい描写(拷問シーン、セックスシーン)が多いので参った。「1000日のアン」が好きな映画だったので、その娘の話か、と思うと感慨深かった。将来大女優に成る人の第一歩(正確には第二歩)に立ち会っているのではないか、という予感はある。
★★★★
From: ささ(NO MAIL) 9月 7日(火)01時32分45秒
そういやワトスン博士がいたねぇ!トルシエ監督もいたし!
★★★★
From: ブリキ(MAIL) 9月 6日(月)00時53分17秒
 この映画を観ながら「ゴッドファーザー」を思い出した。自らの人間性を殺してまで一つの使命を果たして行く姿に圧倒される。 部分的に分かりにくいシーンがあったり、逆に心に残るシーンが無いのはスタッフたちがあまりこの映画のキャラや物語に愛着が無いのでは?と思ったが、王室をここまで大胆に見せた意気込み素晴らしい。 歴史教科書映画だった「ラストエンペラー」より断然買う。
★★★★
From: ささ(MAIL) 9月 5日(日)23時59分20秒
エリザベスT世が東インド会社を作って海外進出したり、スペインの無敵艦隊を破ったりする話かと思ったら、エリザベスがエリザベスT世になるまでのお話だった。それはそれでよし。最初の火あぶりのシーンがなんとも。しかし、エリザベスもおとなしくスペインかフランスの王と結婚してたら平和になったのに。なんて。キャリアウーマンと観たい映画。(?)
★★★★★
From: ヨコヨコ(NO MAIL) 9月 5日(日)23時34分01秒
この作品のケイト・ブランシェットがなぜ米アカデミー主演女優賞が取れなかったのか不思議でした。皆さん、評価があまり高くないんですね。私は大満足でした。
★★★
From: ひろこ(MAIL) 9月 5日(日)09時25分58秒
観てからかなりたつので、どんな感じだったのかはっきり覚えていないのですが・・。まぁ、それだけ印象に残らなかったのかな?その当時の事を学習するにはそれなりに良くは出来てます。で、女性として現代にも共感できる部分がいっぱいあるでしょ〜・・って見せてくれてるんでしょうけどう〜ん、その人生に「たいへんだな〜、私もそんな風に生きれるかしら?」って思ったりもしますがまぁ、所詮は歴史ものにロマンスがちょこっとくっついて2時間ちょっと話のネタを吸収したって気がします。良かったのはジェフリー・ラッシュ。かっこ良すぎ。彼がいなかったら、エリザベス女王はただの人?って思わせるくらい貫禄充分でした。
★★★
From: よしりん(NO MAIL) 9月 3日(金)01時43分47秒
大作感はめちゃめちゃある映画ですよね。豪華だし。だから予告編や広告だけを見ると、すごく観たくなる。そういう意味では興行的にはまあいいんでしょうけど、作品としてはどうなんでしょう。一言で言えば『芸のない大河ドラマ』といったところでしょうか。本当フツーですね。つまんないって切り捨てたりは全然しないですけど、それほど面白くはないんじゃないかな。そこそこヒットして、そこそこ評価されて記憶から消えていくのかな、と思うと淋しいですね。でも、そんな映画。
★★★
From: (NO MAIL) 9月 3日(金)00時07分45秒
ジョセフ・ファイズは大根だという印象を受けました。ジェフリー・ラッシュもケイト・ブランシェットも良かったと思いますけど。。。。あと、もっとその時代のオドロオドロしい雰囲気を出して欲しかったな・・・やっぱりハリウッドじゃ、無理ですかねぇぇ。もうちょっとプロテスタントとカトリックの知識があれば面白かったのかな?
★★★
From: やす玉(NO MAIL) 9月 1日(水)23時14分08秒
全然期待してなかったので、意外と良かったと思った。どうしても「恋に落ちたシェイクスピア」と比べたくなりますが、ヒロインの魅力ではこちらの方が上では?J・ラッシュが渋かったです。“善vs悪”という単純な描き方でないところが良かったですね。
★★
From: NORI(NO MAIL) 8月 31日(火)13時48分06秒
観終わった後、「ふーん、それで?」と思ってしまった。長いのに寝なかったとこみると、まあそんなにつまんなくはなかったのかなという気もするが、なんか普通の大河ドラマってかんじ。もっとサスペンスな描きかたをしてるのかと勝手に思ってたから、なんかあまりに普通に話しが流れていくので「なんか目新しい視点は?」と思ってしまった。最後にエリザベスが女ではなく女王として生きることを決意するところ、もっと劇的な変化が欲しかったなあ。だってケイト・ブランシェットははなっからあんまり女として生きてそうに見えなかったんだもん。
★★
From: たけ@ボストン(MAIL) 8月 30日(月)09時29分03秒
物語が衣装にボロ負け。 衣装や舞台が豪華なのでいかにも重厚な作品に 見えるが、実は相当内容が薄い。 別にエリザベス1世の生涯なんかに興味はないがが、これを 見るくらいなら本を読んだ方が良かった。。。 
★★★
From: KOU@神楽坂(MAIL) 8月 30日(月)01時43分19秒
衣装・音楽・キャスト、共に豪華。まさに大作ですね。ただ、スケールの大きさは感じるものの、「面白いか?」と尋ねられた時、素直に首を縦に触れないのも事実。観る価値のある映画だとは思いますが、「遊び心」のない、良くも悪くも硬派な作品だと感じました。
★★★★★
From: evian(NO MAIL) 8月 25日(水)15時57分10秒
今年の3月、ロスから成田への機内で鑑賞しました。British Englishのため、分かりにくい部分もありましたが、良い映画です。ケイト・ブランシェットがグウィネス・パルトロウにアカデミーを獲られたのは納得いきません。同作品における、女王という立場と一人の女としての感情の間で揺れる葛藤を演じきった、ケイトの演技は最高です。特に最後のセリフ「I marriedEngland!」は圧巻でした。ストーリー的にも『恋に落ちた…』(これもロス滞在中に観ました。)より良かったと思いました。ちなみにジェフリー・ラッシュとジョセフ・ファインズは『恋に落ちた…』とこの映画の両方に出ています。