白痴

満 足 度
57.5%
回答者数10

★★★★
From: のま(NO MAIL) 1月 8日(土)13時18分33秒
さすが手塚治虫の息子、最後に神が出てきた。テレビ局のシーンと現実シーンのギャップが楽しい。原田芳雄はやはりいい。浅野はいつもどおりでいい。ラストの空襲シーンは迫力満点。もうちょっと短くてもいいような気もするが、それを補って余りあるほどの魅力がある。
★★★★
From: 101犬(NO MAIL) 1月 6日(木)01時32分37秒
意外にもマスコミ批判に終始していた所に好感。映像テクにも申し分ないと思うが、やりたい事が溢れすぎている感も否めない。ただ次回作にはかなり期待が出来る点で4つ。
★★★
From: pu-cyo(NO MAIL) 1月 3日(月)21時06分28秒
最初の方はいろいろ考えることがあって楽しかったけど、最後のCGマジいらないって感じで、寒かったです。最後の菩薩さまみたいなのも???ッ手感じだし、爆発とBGMのマッチし具合も奇妙だった。でも原作は読みたくなりました。
★★★
From: ポストカード(NO MAIL) 12月 9日(木)12時07分33秒
はじめの30分はその映画の中にどっぷり漬かりましたが、その後はなんか尻すぼみで・・・・。CGは抵抗なく受け入れることができました。 手塚大先生の御子息様ならもっと凄いものが作れると思います。
★★
From: LOVIN(NO MAIL) 12月 9日(木)04時41分14秒
原作が好きだったので観ましたが、期待していたのとは違いすぎて ちょっと驚きでした。短い時間の中に 詰め込みすぎだった気がします。銀河は、きっと夜長姫のつもりだろうけど軽すぎてどうして?って感じでした映像的には綺麗だったけど あそこまで入れ込まなくても?と思いました原作と同じだから面白いというわけではないけど私は、馴染めませんでした。
★★★
From: ryuryuu(NO MAIL) 12月 2日(木)16時31分42秒
ビジュアル的には非常にオッケー。さすがビジュアリスト。ここまで凝ったものを作ってくれるとは。ものいわぬ押し入れの女もよかったし、全体の世界観もすごく良くできていた。でも惜しいのはキャラクターの設定が分かりやすすぎて(特に銀河)入り込みにくいのと、脚本が甘く、重いテーマを消化しきれていなかったような気がしたこと。特に冒頭のモノローグは要らなかったのでは。全体的にゴテゴテしすぎて統一感がなかった。
★★★★
From: 星の彼方(NO MAIL) 11月 27日(土)13時01分31秒
手塚さんの作品ということもあり、らしい作品だった。お父さんの作品を好きでいくつか読んだことがあるので、この作品は、懐かしい感じがしました。銀河のキャラクターがとってもわかりやすかったし、全体的に分かりやすく出来ていたと思います。(監督のカラーが出ていたという点で)それに、脇役でサンプラザ中野さんや、永瀬さんがでていたのが、自分的には、うれしかったです。この作品は、もっといろんな人に見て欲しい作品のひとつなので、(いろんなひとが、こういった作品に対してどう思うのか知りたいので)もっと上映館数を増やして欲しいと思います。
★★★★
From: ぴっける(NO MAIL) 11月 23日(火)17時01分27秒
重いんだけど、最後の方がめちゃめちゃ良かった。終わり方もとっても好きな終わりかただし。相変わらず普通に演技してる浅野さんはすごいなと。まあでも、銀河の方がキョーレツだったかな。ホントはね、第二次大戦の話だと思ってたから話に入っていくのにちょっとだけ時間かかりました。でもなんかある意味スンゴイ映画。スケールがなんかおっきくって。でも金かかってるようには見えなくて。まあ、インパクト大の映画でした。脇役の方々、よくわかんなかったです。
★★★
From: すずまき(NO MAIL) 11月 21日(日)18時24分24秒
浅野君が好きなので、とりあえず、★★★はつきます。私が彼に求める役柄として「寡黙な男」というのがあるので、それがクリアされているところが良かったところかなあ。あと、脇役が結構、豪華で驚きました。永瀬君やらYOUやら伊武雅刀、泉谷、川村かおり、そして、エスパーの清田君まで。驚きました。内容は全くわかりませんでした。原作も1ページで読むのをやめてしまった私には映画でもわかりませんでした。ただ、浅野君好きには「恐れるな。そして、僕から離れるな。」このセリフがたまらなかったですね。自分が言われたみたいにドギマギしてしまいました。それと、納得いかなかったのはカリスマアイドル銀河があまり、有名人オーラというか、カリスマっぽくなかったところが、納得出来ませんでした。脇役で出てた川村かおりとかの方が良かったのではと思いました。
★★★
From: ナチグロン(NO MAIL) 11月 19日(金)02時23分27秒
究極の愛、究極の生き方人間の奥深くにある「本当の自分」「本当の欲求」を思い出させる作品だ。ただ、僕にはちょっと重かった。