恋におちたシェイクスピア

満 足 度
66.6%
回答者数89


★★★★
From: シェリー(NO MAIL) 10月 12日(火)23時50分19秒
映画を見たのはもうずっと前ですが、結構よかった。アカデミー賞とかは、はっきりいってどうでもいい。自分がおもしろいと思えれば。かと言って、この作品がそんなにおもしろかったというわけでもない。ただ、わたしが良いと思ったのは音楽。すぐにサントラを買いました。
★★
From: robot(NO MAIL) 10月 1日(金)18時18分57秒
良く出来た映画かもしれないけどオスカーってのはちょっと…。バレバレの男装とか、甘すぎて入り込めない。アイドル映画じゃあるまいし…。照明具合とかいいとこもけっこうあったんだけど。自腹じゃ見ない。
★★★★
From: 正俊(MAIL) 10月 1日(金)11時40分14秒
とても辛い評価もちらほらありますね(特にグゥイネス・パルトローに)。僕も思います。あれでオスカーはちょっと・・・。ジュディ・デンチも確かに存在感を見せつけてくれてよかったのですが、あれは単なるゲスト出演だから演技賞の対象になる部類の演技ではないような気がします。(助演女優賞はキャシー・ベイツにあげたい)でも、作品全体としてはとても出来がいいと思います(出来のよさがまた欠点だったりする)。2時間十分に楽しめたし、観終わった後も幸せな気分になれたし、娯楽作品としては上々ではないでしょうか。
★★★★
From: HAL-e(MAIL) 9月 23日(木)21時58分36秒
元ネタがシャークスピアなので、文字通り甘甘。でも観ている間中、現実に戻らなかったので、衣装と美術に拍手。脇役のキャラクターが一人も死んでいなかったので面白かった。
★★
From: ぼく(NO MAIL) 9月 16日(木)03時16分00秒
エリザベスの勝ち。
★★
From: MASA(NO MAIL) 9月 14日(火)04時16分22秒
どう見ても、ジョセフ・ファインズが文章を書くほど知性的に見えない。グイネス・バルトウロは、皆が言うほど悪く思えなかった。まあ、どっちにしてもプライベート・ライアン(これはこれで問題あるが)を蹴散らしてアカデミー賞取るほどじゃないわなあ。あそこまでご都合主義の展開なら、もう少し後味のいい結末にすればいいのにね。ただ、グイネスの後ろ姿のラストは良かった。(我ながら矛盾している)。普通の映画なら星三つと思うが、作品賞ということで、星一つ減点。
From: 電動ノコギリ(NO MAIL) 9月 3日(金)22時51分25秒
何でこれでアカデミー?
From: まりも(NO MAIL) 8月 30日(月)03時22分39秒
チャンチャラおかしいよ!こんな映画がアカデミー賞なんてよ。べらんめー
★★
From: サンジ(NO MAIL) 8月 30日(月)03時17分25秒
ファーストデートで、メル友と観にいったんやけどいっしょにみにいった女の子、居眠りしてつまらなかったみたい。最後は良かったけど、入り込むまで時間かかって、間延びするな〜ってかんじやった。
★★★
From: KAMI(NO MAIL) 8月 16日(月)18時58分10秒
すっごく期待して観に行ったのに、前の列に座ったオバハン8人組が上映開始と同時にマック食べ始めて全く集中できなかった。ちょっとカンベンしてくれよ!!
★★★
From: はじめ(NO MAIL) 7月 31日(土)23時30分03秒
優等生的映画。それなりに感動し、楽しめたんですが、なんだろう・・もう一押しって感じです。(松の字さんと同じく)ラストのヒロインが砂浜を歩いていく後ろ姿はいいですね。そう、それだ、ヒロインの生命力がもっと出てたら良かったのかも。
★★
From: ボローニャ(NO MAIL) 7月 29日(木)19時29分16秒
何と言うべきか・・・、脇役はいいんですよ。でも、主役の二人が完璧に脚本負けしている。なぜ、あれがアカデミー主演女優賞に輝くのか今もってわからない。ストーリーは悪くないのだが、でも、これがアカデミー賞?と思うと自然と点が辛くなってしまう。ミラマックス社がパルトロウをやたらとスター女優のように持ち上げる作戦に出ているのも、鼻について素直に映画を楽しめない。
From: テキサス就労(NO MAIL) 7月 29日(木)05時13分18秒
ゴミじゃないか。シェークスピアを原語で読める俺曰く。
★★
From: 松の字(NO MAIL) 7月 26日(月)18時40分45秒
脇役の名演が素晴らしい。特にジュディー・リンチの圧倒的存在感(ボンドもたじろぐわけだ)。従って、主演の影が薄くなる。グイネス・パルトウロはただでさえ下手・・もとい、ぱっとしないのだからこれは致命的。皮肉にもラスト・シーンが一番印象に残る。最近最も出色のラストシーンではあるが・・・。
★★★
From: もも(NO MAIL) 7月 24日(土)10時51分00秒
正直言って、アカデミー賞を取るほどの出来?と思いました。悪くないけれど、それ以上の「何か」があまり感じられない映画でした。グウィネスはなぜ美女として描かれているのかも、よくわかりませんでしたし。彼女には華がないから、見ていても惹きつけられません。
★★
From: ぱんぱん(NO MAIL) 7月 24日(土)01時04分15秒
まぁまぁでしょうか。良い脚本でひっぱられた感じがいなめないです。グウェネスだけは、個人的に駄目で、知性派とか言われているけれど?って感じです。派手な美人でないと、そーゆーコメントしか出てこないのかなぁ・・・具体的に何が知性派なの?グレースケリーか何かの再来。。。と言われてグウェネス自身も、あんまり。。。って感じだろうけど、どうしてもスクリーンに出てきて、目がそこに吸い付けられるような魅力はないなぁ。狙うは、メリルストリープの後釜か??
★★★★★
From: グウェネス(NO MAIL) 7月 22日(木)05時16分29秒
男なら、あんな夜這い一度はしてみたい。恋愛は、シェイクスピアによって全て語りつくされてるんだー。いえーーい。ぼかー実はディカプリさんのも好きなんです・・・。主人公のあの二人がみえみえの美男美女じゃないからいいよね。んで、あの微妙な切なさ。脚本の巧みさ。いたせりつくせりじゃなかった?ところで、ぼかーグウェネスめっちゃ好きでずっとおっかけ?してて、いや感無量でした。映画は、脚本だね。と、役者。りんごにペンをぶしゅっと刺すシーンいっぱいあったけど、あれがいい。物語ってあんなふうにできあがったら、映画ファンとしても夢ひろがるよね。グウェネスファンとしての、エンディングもなにげに好きなのよん。
★★★★
From: ガーネット(NO MAIL) 7月 19日(月)22時12分50秒
テンポの良さと衣装とジョセフ・ファインズの瞳。ちょっと、それはバレちゃうよ〜?という二人の恋は盲目的行動。あわてる乳母。ルパート・エヴェレット。上演前、緊張の中の何気ないジョセフのユーモアな顔。他にもいっぱい詰まってて楽しんで観れる映画でした。
★★★★
From: hide(NO MAIL) 7月 19日(月)16時30分36秒
テンポが良くストーリーも良かったです。p,s,+パルトロウの右乳首が陥没してました。気が付きましたか?
★★
From: 憲ちゃん好きだよ!!!(NO MAIL) 7月 13日(火)22時43分22秒
うちの大学の教授がかなり絶賛してたんで観に行ったんですけど、なんか物足りないんですよね。出演者はみんな大好きな人ばかり(ジョセフ=ファインズサイコー)なのになぜでしょうか?あれで本当にアカデミー賞とったんでしょうか?それにGパルトローにオスカーはあげすぎでしょう。いまだにこの映画の良さがわかりません。
★★★★★
From: moko(NO MAIL) 7月 13日(火)00時53分30秒
最初にジョセフ・ファインズを観たとき「濃い!」と思ったのですが、気がつくと背景が中世なのでいい感じに思えてきました。見終わってからは、もうシエイクスピアは彼しかいないでしょう!!と言う気分です。映画に求めるものはそのジャンルによって変わるのですが、今回あのよく知られたシエイクスピアと「ロミオとジュリエット」をどんなふうにいじくるのか?半端なものなら怒るぞ!という気分で見に行きました。デイカプリオの「ロミオとジュリエット」はひどかったので(現代版という発想は面白いが脚本に問題あり!)知られすぎた人や作品に手を加えるのは難しいのでは・・・と、思ってましたが、どうして、どうして、こんなふうにすてきに仕上げてくれればもう感激です!脚本がしっかりしている面白さですね。現実と舞台をだぶらせながら絶妙なバランスをたもっていましたね。ラストもとても良かったですね。涙を流すことなく観たのですが。この感動の余韻は何だろう?こういう映画がとても好き!
From: 野良猫(NO MAIL) 7月 11日(日)09時53分16秒
ほんとに作品賞取ったのですか?コメディなのにあまり笑えないし,演出も平凡。なんと言っても主役二人にまるで魅力を感じず。
★★
From: ぴーなつ(NO MAIL) 7月 3日(土)01時30分59秒
セットや衣装は興味がもてました。脚本もよかった。でもわたしにはどうしても主役の2人が良いと思えなかった。顔が生理的にダメ。ギニースパルトローはコスチュームが似合わない。男装のときはけっこうかわいかったですけど。エラが気になって気になって....
From: (NO MAIL) 6月 28日(月)00時04分37秒
 うひょー!!参りました。皆さんからは結構高い評価を受けているのですね。びっくり!!スイマセン、私の心にはあまり強く響くものはありませんでした…。良かったのは映像ぐらいかしら…。
★★★★
From: あつこ。(NO MAIL) 6月 27日(日)15時17分33秒
すごく良かったです!!ひとつのお芝居のようでした。いつのまにか話に、引き寄せられてしまって、さいごは、なんだか、すっきりしました。この映画は、ギニース・パルトローにばかり目がいきますが、ジョセフ・ファインズもすごく良かったです。濃い濃いって言うけど、これくらいの人じゃなきゃ、実在の”シェイクスピア”のイメージを吹き飛ばせないと思います。(だってシェイクスピアは、ハゲだったんだもん) 役者みんなの演技が最高によかったし、衣装でも楽しませてもらいました。ギニースは、華やかな顔じゃぁないけど、芯の強い女の子を、見事に演じていたと思いました。男装もよかったし・・・。ロミオとジュリエットの舞台が、無事にできた場面は、とても良かったです。
★★★
From: よしりん(NO MAIL) 6月 27日(日)04時12分32秒
みんな、騙されてはいけない。確かに悪い作品では決してないし、楽しめると思う。ただ、アカデミーの作品賞をあげるほどではないと思った。終盤で感動が押し寄せてきたといっても、それはあくまでシェークスピアの力によるものであって、この作品の力と言ってよいのだろうか。よかったが、絶賛はしない。
★★★★★
From: Pon(NO MAIL) 6月 25日(金)03時54分39秒
ワンダフル!!!まず、シナリオが奇跡のように練られてるぴょん。虚と実のブレンド、映画とお芝居のブレンド、それぞれの仕方は神業のよう。マイッタやられた。巧妙なツープラトン・シナリオ。それはキャスティングにもおよんでいる。一座の人気役者が端役に回る役を、じっさいの人気俳優を端役に使って実現してたり、実生活での夫婦を二人揃って使って、それぞれに乳母の役をやらしていたりする。(ヴァイオラの乳母と、芝居中でのジュリエットの乳母のこと)うーん、小粋なんですなぁ、すべてが。こーゆーのやられちゃうと、個人的にたまらんです。おかげで2日連続で観ちゃいました。お芝居や演劇、またはそれらを目指す人への讃歌にもみえました。
★★★★
From: tomoe(MAIL) 6月 24日(木)18時39分24秒
すごく、面白かった。結構ロマンチックな内容なのでアクション物が好きな男の子は物足りない映画かも。
★★★★
From: むらお(NO MAIL) 6月 24日(木)01時16分14秒
脚本がよくできている。話の展開が面白かった。映画らしい、映画。恋をする、あの感覚、生きているというライブ感を感じることができた。
★★★★
From: うめきち(MAIL) 6月 23日(水)05時33分00秒
アカデミー賞をとったと聞いてみにいったんですが、なかなかのできだと思いました。とくによかったのが、ラスト。ハッピーエンドとはいえないけど、後に残る爽快感がなんともいえない・・・。あと評判どうりギニース・パルトローがすてきだったです。ちとジョセフ・ファインズがあまりにこいきがしましたが・・・。(兄さんのレイフとくらべるからか?)
★★★★
From: イェイイェイ(MAIL) 6月 20日(日)21時17分21秒
ロミオとジュリエットの舞台が無事成功されたところは気に入ったのですが、別の展開を期待していただけに最後に女王が出てきたのがちょっと残念。
★★★★
From: fujiko(NO MAIL) 6月 20日(日)13時17分46秒
脚本がすごくいいと思いました。「ロミオ+ジュリエット」をビデオでみていくとより楽しめます。キャストがゴージャス!
★★★★
From: ユキ(MAIL) 6月 18日(金)16時29分33秒
舞台と現実をダブらせながらのストーリー設定に、まんまとはまってしまった。実際、実話なんじゃないかと思ってしまったほど。グウィネスが好きではないのに、友達に無理矢理連れてかれ、見終わった後に気が付けば友達よりも興奮していた。グウィネスの男装は、出演していた誰よりもかっこ良かった。
★★★★
From: jiro(NO MAIL) 6月 18日(金)11時46分34秒
とりあえず何と言っても、ショートヘアのグゥイネス・パルトロウが最高にかわいかったです。また僕自身中世の話は好きなので、難無く楽しむ事ができました。今はシェイクスピア役のジョセフ・ファインズのでる「エリザベス」に期待しています。
★★★★★
From: みっちぇる3世(NO MAIL) 6月 15日(火)22時01分15秒
アカデミー賞受賞に納得しましたよ。ジョゼフファインズがいいですね。シェイクスピアってかっこいいんですね。映像と一緒に出てくる、シェイクスピアの詩のロマンチック加減に、大きな感動を覚えました。必見の一作だと思いました。
★★★★★
From: KOU@神楽坂(MAIL) 6月 15日(火)00時50分23秒
この作品の素晴らしいところは、何の予備知識もなくても楽しめる懐の深さ。(もちろん、シェイクスピアに詳しければ より一層楽しめるけれど)誰もが面白いと思える作り。シェイクスピア作品自体が庶民の娯楽だったことを考えれば、この映画のコンセプトも大正解!
★★★★★
From: ぴるえ(MAIL) 6月 14日(月)13時31分34秒
大人のおとぎ話ですね。とてもやさしくなれます。こういう世界って好きなんですよ私。シェイクスピアを少しでもかじったことがある人なら思わずにやりとしてしまう,場面とかセリフがちりばめられてありますね。脚本もスマートです。いやみもないし。
★★★★
From: koko(NO MAIL) 6月 14日(月)02時28分00秒
難しい。これが終わった後の感想でした。シェイクスピアの作品の知識があんまりにも乏しいために、深くないように入っていけなかった。脇役の細々とした人たちが、全部今までの作品の中に網羅されているそうなので、もう少し勉強してから見るべきだったと思います。そしてグウィネスはあまり適役に思えなかったのは私だけでしょうか。もっと、若い役者さんが良かったなぁー。。。(笑)
★★★★
From: たけし(NO MAIL) 6月 13日(日)14時14分09秒
やーーーっと見て参りました。もう上映して随分経つから空いてましたが、その分内容に集中出来ました。私はパルトローより彼女を取り巻く男優人が素晴らしかったと思います。シェークスピアはハツラツとしてたし。ちなみに最後に劇場で上映するシーンで”どもって話が出来なかった人”がスラスラって話をした瞬間涙がポロポロ・・・。この役者さんがあのシーンで最初に盛り上げたという点で私はグッドと言いたい(配役や脚本が良かったのかもしれないけど・・・・)
★★★★★
From: けいすけ(MAIL) 6月 11日(金)09時19分50秒
 よかったです!!ストーリーもよく練られているし、衣装などを見ているだけでも楽しいです。僕もグウィエスの髪の毛は気になりましたが・・・。 ラストは個人的には「めでたし、めでたし」で終わって欲しかったのですが、ああいう終わり方もありかなと。 あと、グウィエスは、ロングヘアーよりもショートカットの時の方が、魅力的にみえました。(俺って変?) 役者役のなかで、妙に存在感のある俳優さんがいるなあ、と思ってパンフレットを調べてみたら、ベン・アフレック。「アルマゲドン」のA.J.フロスト役(リブ・タイラーの恋人役)よりも、こっちの役の方が印象に残りました。劇中でも「ちっ、端役かよ」なんて愚痴っている場面があったけど、なんだか現実とダブってみえて、味のあるセリフだと思いました。
★★★★★
From: 梅雨前線(NO MAIL) 6月 10日(木)23時32分41秒
グウィネスが男に変装している時に、あのフサフサした髪の毛はいったいどこにいってしまったのでしょう?あの髪の量だと、服の中に入れてもモコモコしちゃうだろうし…。う〜む、不思議だ。
★★★★★
From: ゆみりん(NO MAIL) 6月 8日(火)13時14分47秒
すごく楽しい映画でした。最近観た中では秀逸。ロミジュリの稽古が進むにしたがって、みんながどんどん芝居に引き込まれて行くところが、とてもよかったです。感動。
★★★★
From: (NO MAIL) 6月 5日(土)21時36分59秒
さらしをクルクル回すシーンを見て東西問わず、殿方の夢なのかなあと思いました。
★★★★
From: ハスラー清水(NO MAIL) 6月 5日(土)02時43分00秒
困った。面白い!最高!と、かつての僕ならスタンディングオベーションだっただろうが、最近はヨーロッパのしんきくさい映画のほうが好きで、本作もちょっとうるさすぎるというのが厳しい感想。確かに評価に値する脚本だし、見せ場も多い。とてもキュートな作品だし、ユーモアを交えていてつぼを押さえている。しかしパルトロウが妙にはつらつとしすぎているのが気に入らない。つまり、一方では求婚者のいいなりなのになんで「恋に落ちたパルトロウ」にはや代わりするのだろう?という細かいことを考慮するのはよくないんですけどね。 でもはっきりいって面白いです。本年度屈指の映画です。
★★★★
From: 芥川美津男(NO MAIL) 6月 4日(金)23時47分18秒
新しいシェイクスピア像に触れたという感じです。パルトロウの体当たりの演技とも言えるラブシーンが良かった。(パルトロウ)のヌードは綺麗だ。衣装も素晴らしい。前半のセリフの多いのには参った。
★★★★★
From: 麻理(NO MAIL) 6月 4日(金)10時15分27秒
最高でした。特にウィル役のジョセフ・ファインズがすばらしい演技だったと思います。彼は実際には舞台の方の俳優で、「ロイヤル・シェークスピア・カンパニー」で主役をはっていたらしいです。あの最後の劇中劇はその時の経験がものを言ってるのでしょう。やっぱりイギリスはうらやましいくらいに良い役者を持ってますね。彼がアカデミーにノミネートもされなかったのが不思議。
★★★★
From: ギッチョ(NO MAIL) 6月 3日(木)11時48分47秒
本当は星5つである。ただし僕はグウィネス・パルトロウが大嫌いなので一つ引いた。この映画では確かに素晴らしかったが、彼女が現在世界トップクラスの女優だということには納得いかない。ああいう鳥がらみたいな人に映画女優はあわないのである。僕には男性陣のほうが映画に華を添えているように見えた。
★★★★
From: fumi(MAIL) 5月 30日(日)19時59分13秒
テンポが良くて、を感じました。セリフには<シェークスピア>然というところをバックにして、なかなか聞いているものが多かったし、周りの人々の人間像が結構しっかり描かれていて、それでいて所々で笑えたし・・・。不可解だったのは、当時の世情を、私が勉強不足かもしれませんが、ヴァイオラの父親。いくら貴族とお近付きになれるとしても、彼のような品のない、けちくさい、傲慢で高飛車な人を娘の婿に選ぶものでしょうか?しかもすぐ旅立ってしまって会えないのに?自分は貴族とお近付きの恩恵も選られないのに?それだけが納得いきかねました。パルトロウがかわいかったです。
From: T.A(NO MAIL) 5月 30日(日)11時57分48秒
時代を超えた通俗的な作家シェークスピアをこれまたどうしようもないくらいにつまらないシナリオで凡庸な演出に徹したまさに野心作。煌びやかな衣装は素晴らしいが、そんなことを褒められるのは真の作家ならば、屈辱以外のなにものでもないだろう。演出は古臭く、映画創世記の平凡な作品レベル、観客の思い描く通りに画面はすすみ演出家としての野心は微塵も感じられない。50年代の凡庸代表B・ワイルダーが撮ったら見識なきベルリン映画祭グランプリ受賞は確実だろう。
★★★★
From: ひろこ(NO MAIL) 5月 30日(日)11時45分26秒
「ロミオとジュリエット」誕生の裏話、と言ってしまえばそれまでですが、この作品にはたくさんのテーマが盛り込まれていると思います。たとえば、ヴァイオラ邸での踊りのシーン。次々と変わってゆくパートナー、たとえ中に気に入った人がいたとしても、音楽のリズムの合わせて否応なく別れなくてはいけない。これって人生のよう。また、「小説などもうたくさんだ、書きたくない」と言いながらも、書き続けるウィル。苦しい想い、切ない想い、満足し得ない恋だから、言葉にあらわして昇華させたい。哀しいけど、そうじゃないと生きてゆけない。劇は、死や絶望を生として再生させるもの。悲劇と喜劇は表裏一体ですね。
★★★★★
From: sarukuma(NO MAIL) 5月 29日(土)21時04分38秒
思い出すだけでぽわ〜んとする映画です。なぜか知らないけど、とにかく、たのしくてロマンテック!この映画を見に行けば絶対彼女は落ちますよ(笑)ちなみに私は、2回見ました。今度はいつ見に行こうかな。
★★★★
From: ようま (NO MAIL) 5月 28日(金)23時09分50秒
みんないいねえ。シェイクスピアは繊細でエネルギッシュで、ヴァイオラは、前向きで強くって。恋は最近してないけど、凄いパワーだね。恋するって。女王陛下は最初はやな人って感じだったけど、さすが一国の主。
★★★★
From: PINK PANTHER(NO MAIL) 5月 27日(木)17時00分43秒
グウィネスの映画は初めて見ました。すてきな女優さんですね!彼女にぴったりの役だったと思います。現代的なヒロインに好感が持てました。(女王も!)アカデミー賞らしく、華やかで盛りだくさんの映画ですね。あぁ私も燃えるような恋がしたい!!
★★★★
From: emazo(MAIL) 5月 24日(月)23時22分47秒
アカデミー賞作品としての期待には及ばなかった。グウィネスは大好きで、彼女の作品は殆ど見ているけど、主演女優賞獲るほどの演技力は感じられなかった。綺麗だけどね。脇役ながら、ベン・アフレックはやっぱりカッコ良かった!そして、物語ですが、「ロミオ&ジュリエット」が大好きなので、ストーリーも分かりやすい分素直に楽しめました。「ロミ&ジュリ」と、シェイクスピアの恋愛をうまく組み合わせてあると思います。でも、こういう恋愛は、切なすぎて切なすぎて苦手・・・こんな恋愛、したくないなーー。
★★★★
From: りょう(NO MAIL) 5月 24日(月)19時30分33秒
まあ、よかったっす。セリフの一つ一つの意味が良く分からなく、(訳が良くないのか?それとも俺の頭が悪いなのか?)「これは、どういうことを言っているのだろう?」と時々「?」になりました。がっ、そんなこと分からなくとも、しっかりと理解できる出来栄えだったと思います。
★★★★
From: mark(NO MAIL) 5月 24日(月)09時36分20秒
グイネスがすごくかわいかった。
★★★★★
From: cellopanda(NO MAIL) 5月 22日(土)21時08分15秒
お得なレディースディに初めて一人で行きました。 主役の二人は、目がいいですね。ファインズの情熱的な眼、パルトロウの澄みきった瞳・・・。もちろん内容も最高でした。上映時間が一時間を過ぎてからは、目の乾く暇がほとんどありませんでした。 でも、ラストシーンは、あまりすきではありません。もっと他のやり方もあったのでは、って感じです。 そうはいっても、深く感銘を受けたのは事実です。構想のアイディアも素晴らしいと思います。一人の男性として現れたウィリアム・シェイクスピアに乾杯!
★★★★
From: GIN(NO MAIL) 5月 22日(土)01時50分06秒
ひねりの効いた脚本やマッデン監督の演出、ファインズ、ジョーンズほか出演者に賛辞を送る前に、作曲家スティーブン・ウォーベックに惜しみない拍手を贈るべし。素晴らしい音楽をバックに、映画が生き生きと呼吸しています。確かにパルトローはメリル・ストリープのような涙は流せませんが、キャリアとともに涙に重みが増すはずです。それにしても見終わったあと、オリジナルスコアの旋律を口笛にしながら、帰途につく幸せは何にでもまさる心地よさよ。
★★★★
From: Yuichi Koyama(NO MAIL) 5月 21日(金)11時36分46秒
最近の映画の中では最高ランク。
★★★
From: TEMMA(MAIL) 5月 21日(金)02時04分59秒
脚本とキャストさえ、出来が良ければ必ず佳作になるが監督がヘボなら傑作にはなり得ない。という格言の見本のような映画。シェイクスピアがただ街を歩く場面を意味もなく延々と撮り続ける。だらだら続く決闘や、ケンカのシーン。「アマデウス」やケネスブラナーのシェイクスピア作品の映画的魅力にあふれているのとは対照的にオリジナルなのに演劇の呪縛から逃れられていない。今気付いたけど、この脚本自体が演劇台本みたい。(主要な場面が限られていること。屋内シーンが多いこと。回想又は空想シーンが無いこと。)宝塚は、今すぐ舞台化権を買って上演するべきです。きっと評判になることでしょう。(だって、かなり倒錯的ですよね。ひげをつけたヒロインとキッスをしたり、シェイクスピア自身も女装するし)アメリカではすでに、舞台化が企画されているそうです。

★★★★
From: yasu(NO MAIL) 5月 20日(木)12時18分46秒
グウィネス最高。
★★★★★
From: 三代目谷口商店(NO MAIL) 5月 19日(水)00時08分09秒
最高!ジョセフファインズに恋しました。涙あり笑いあり、歴史の中に現在感覚ありで、みていてわくわくして、見終わった後、もう一度見たくなる映画です。今までありきたりの作品だと思っていた、ロミオとジュリエットがこんなにおもしろくて劇中劇のロミオの死ぬシーンなんかにも涙が出てきて驚きです。高利貸しのフェニマンと同じように私も劇の中に引き込まれていきました。ジョセフファインズの情熱的なひとみが最高にセクシーでした。レイフファインズの弟ってところにも惹かれます。注目度100%の俳優さんですよ。
★★★★★
From: さんだーばにー(NO MAIL) 5月 17日(月)00時50分26秒
良い!特段ケチをつけたくなる部分なし。金が欲しい貴族と地位・名誉が欲しい商人との政略結婚、伝染病の流行など時代考証もされてるし。「ロミジュリ」のセリフがイマイチわからなくて2人の愛のささやきとのシンクロが楽しめなかったという方は、既にいわれているようなことですが、レオ&クレアの「ロミオ+ジュリエット」を見ると参考になるのでは?(時代設定はめちゃくちゃ変わってますけどセリフは原作に忠実だし)以前「ロードショウ」のベン・アフレックのインタビューで、ベンいわく、「最初ウィル役をオファーされたがイギリス人じゃないし断わった」とあった。イギリス人かは関係ないとしてもジョゼフで正解だと思う。顔立ちも情熱的な感じだし。対するグウィネスはウィノナ・ライダーに送られていた脚本をみて気に入り、役をゲットしたとのことだが、私の好きな「エマ」での彼女より更に生き生きとしていたように見えた。ハマリ役だと思う。
★★★
From: ブリキ(NO MAIL) 5月 16日(日)23時12分03秒
 なぞに満ちたシェイクスピアのことを、豊かな想像力と職人的な筋立てが上品に味わえる脚本が素晴らしい。 気軽に笑えて、楽しい一時を過ごせました。
★★
From: TAKARA(NO MAIL) 5月 16日(日)22時29分55秒
そんなに面白い?って言うのが正直な感想です。映画ノススメでの評価が高いので見に行ったのですが、私はあまりおもしろいとは思えませんでした。ジュリエット役の女優さんに対して、言葉を失うほど美しいと思えませんでしたし、ストーリー展開もテンポがいいとも感じないし、何よりも映像が汚い。その時代を再現したと思うのですが、あんなに不潔感を漂わせなくていいのではないかと感じました。所々おもしろい点はあったのですが、アカデミー賞作品とは思えない作品でした。
★★★★★
From: 矢野達也(MAIL) 5月 16日(日)10時16分36秒
ロミオとジュリエットが本当にこんな感じで作られたのなら面白いなと思った。笑えるシーンも多くありつい引き込まれ夢中になれた。見終わった後に不満足感を覚えることなく充実することができた。シェークスピアの喜劇が見たくなった。
★★
From: のちのち(NO MAIL) 5月 14日(金)23時54分11秒
うーん、ストーリーはいい。脇役もイイ。でも、ラブストーリーすぎ。
★★★★
From: kyu(MAIL) 5月 14日(金)10時58分46秒
作品全体のことに付いてはあんまり良くはわからないのですが、台詞(もしかしてシェイクスピアの引用なのかも知れないけど)でもあの言い回し好きです。特に、はじめの方の船の上でパルトロが最初にキスするシーンは,男の僕でもかなりどきどきしてしまいましたあんまりこの手の作品は見ないので、見る前には、あんまり期待はしてなかったのですが、思いがけず面白かったって感じです
From: マッスル(NO MAIL) 5月 14日(金)10時33分11秒
この手の映画は正直いって苦手です。確かにギニースは綺麗でしたが、文学作品独特のとっつきにくさがありました。 アカデミー賞作品ということで、期待して見に行ったのですが、僕には、ロミオとジュリエットの方が良かったと思います。しかしながら、ギニースファンや女性の方には、結構満足できる作品でしょう。
★★★★★
From: きみちゃん(MAIL) 5月 14日(金)01時29分12秒
私は今日観てきました。なぜなら、朝起きたら映画を見たくなったから。大学生の特権です。良かった点は情熱的な内容なのに、要所要所でユーモアがあるところ。まじめくさっただけであれば、もっと古びたものになっていたはず。単なる古典のアレンジに終わらないための工夫ともいえますね。現代的に受けるにはウィットユーモアは不可欠だと実感。そしてなんといっても、グイネス・パルトロウが最高に美しいじゃありませんか。彼女の優雅さにブラピがメロメロだったというのもうなずけます。女の強さと美しさを表現するのが非常に上手な女優です。ひとつクレームを付けるとしたら、ウィルはもっと適役がいなかったのかなあ・・・。
★★★★★
From: なる(MAIL) 5月 14日(金)00時41分07秒
もうすっごいすっごいよかった。久しぶりに映画見て鳥肌たちました。普段は買わないパンフも買いました。グウィネスの出てる作品は結構見ているのですがこの中の彼女は最高です♪「十二夜」は知らなかったんですが何見たら(読んだら?)よくわかるかなぁ・・・?シェイクスピアなんてあんまり知らないし大丈夫かなってちょっと思ってたんだけれどそんな心配無用でした。あ、でも最低 「ロミオとジュリエット」は知ってたほうがよいですよね。。。
★★★★★
From: 華紗(NO MAIL) 5月 12日(水)21時51分46秒
シェークスピアファンの私には、たまらない映画でした。糞は転がってるし、汚水は道端にぶちまけられるし、親&女王の言う事は、絶対だし、道行く人は、生活で精一杯の表情してるし・・細かい所まで、時代考証してしっかり創ってるなぁ、と思いました。悲劇ロミオとジュリエットの制作?がメインだから、実際の所は悲劇なんだけど、制作課程での舞台・宮殿での人々のボケと突っ込みが散りばめられたセリフは、完璧にシェークスピアでした。この映画、シェークスピアが作ったんじゃないのかな、なんて思うくらい、すっごくシェークスピアしてました。最後、私の最高に好きな「十二夜」の制作にまで触れててくれて、もう、大感激でした。今迄それほど好きでなかった「ロミオとジュリエット」も、この映画のお蔭で好きになり、好きだけど単体?でしか捉えていなかった「十二夜」にも息吹を与えてくれた感じです。色んなシェークスピア物が有りますけど、この映画、なかなかすごいです。
★★★★★
From: MIMI(NO MAIL) 5月 10日(月)09時59分42秒
シェイクスピア作品はつい見たくなってしまうたちなので、ロンドンで日本公開前にみておきましたが5月1日にもう一度見てこんなに面白いところがたくさんあったんだと思いました。ロミオ&ジュリエットが出来上がっていくところもリアリテイがあってよかったですが、個人的には「十二夜(トレバー・ナン監督)」がとても好きなので、最後にヴァイオラが海辺を歩いている場面は、あつい気持ちになりました。でもやっぱり、シェイクスピアに対する予備知識はあったほうが何倍も楽しめると思います。わたしは、大好きな作品です。
★★★
From: ハレー彗星(MAIL) 5月 9日(日)07時42分48秒
どうですかねこれは。まあ、アカデミー賞受賞作にふさわしいかどうかってのをさっぴいても、フツーの今いち垢抜けない映画に思えますけど。だめ男シェイクスピアがコケながら段々男を上げて行くのに対して、恋に恋する失笑もののヒロイン(パルトロー)がなんかそのまんまのノリでラストまで来るので、もの足りない気がするのかも。冒頭のカウンセリングのくだりからして現代的な戯画化なのかとも思いましたけど全体ではそういうノリは希薄でしたね。脇役がいい味を添えていて、ジョン・ウェブスターなど実在の人物の役回りも、むこーの「国語好き」にはたまんないのかもしれません。日本人にはあんま関係ないね。底は浅いが時間潰しにはなる映画って感じじゃないでしょうか。辛いかな。
★★★★★
From: SU(NO MAIL) 5月 7日(金)23時20分34秒
Personally I loved the movie, yet it was the kind of a movie that I can watch only once. The story was profound but heavy..just like a Oscar material. Even though the male leading role was not nominated for the Oscar, he was not that bad, was he?
★★★★★
From: おさる(MAIL) 5月 6日(木)18時04分19秒
いいじゃないですか!!グウィネス・パルトロウなど、キャストも素晴らしいし、ジョセフ・ファインズなど、俳優さんの演技も生き生きしていて。最近、こんなに誉めれる作品は、あまりありません。女性の方にお薦めですが、男の方もぜひ一度見てほしいですね。
★★★★
From: NAOKI(NO MAIL) 5月 6日(木)16時53分12秒
パルトローよりジョセフ・ファインズのがよかった。シェイクスピアはぱくってばっかだった。ロミオとジュリエットをしらないとわからないようなきした。
★★★★★
From: s.y(NO MAIL) 5月 6日(木)16時23分57秒
脚本がすごい。シェイクスピアの作品から巧みに言葉を盗んでシェイクスピア本人のセリフにしてしまうとは!作品全体の仕上げ方もよかった。久々に良い映画を見たなぁという気分になった。だけど、アカデミー賞でプライベート・ライアンおしのけての作品賞受賞にはやや疑問が。やっぱライアンの方がアカデミー賞にふさわしいと思ったのは私だけ?
★★★★★
From: NO NAME(NO MAIL) 5月 6日(木)12時58分32秒
最初から最後まで飽きることなく、楽しんで見ることができた。一人で見にいったが、恋人と見に行くのが一番いいかもしれません。でも、やっぱジェフリー・ラッシュはいい味を出してました。とてもいい映画だと思います。おすすめですね。
★★★★
From: NORI(NO MAIL) 5月 6日(木)12時35分46秒
すごくよく作ってあるというカンジ。映画を作る人はせめてこれくらい丁寧につくってほしいなぁなんて思ってしまう。話がどうのというより、それが率直な感想。「ロミオとジュリエット」をサブストーリーにしながらメインストーリーを絡ませてく、その絡ませ方が絶妙で、よく練ってあるなぁと感心した。あまりに離れると観客がついて行けなくなるし、そのまんまだと芸がない、結構押さえどころが難しかったと思いますが、見事!笑いの小ネタもシェイクスピアっぽいし、女王のセリフとかもモロシェイクスピアって雰囲気で、作り手の意地が感じられる映画でした。
★★★
From: 熊吾(NO MAIL) 5月 6日(木)12時29分58秒
脚本のテンポがよかったです。ポンポン進むし、劇の恋愛と2人の恋愛がシンクロして進む当たりはとてもロマンチックでうっとりだと思います。ただ脚本の深みには欠けていました。恋をする2人の人間を描き切れてません。「こんなに好きあっているんだ!」と、見ているものの胸が締め付けられるような脚本ではないと言うことです。たとえば、女性が舞台に立てば大問題になるのを承知で男性に変装をして挑戦するという女性と、親に決められた結婚を全く素直に受け入れる女性と、あんなにシェイクスピアを愛しているのに女王への挨拶に向かう時に見せた割り切った表情をする女性とがごっちゃになって、「あーこの女性は本当に心からシェイクスピアを愛しているんだ」という感情移入が出来ません。どこか冷めたところのある女性を見ているようです。せめて、女王に会いに行く時にすがるシェイクスピアを振り切って歩いていく時、シェイクスピアから顔をはずした瞬間に彼女の顔が少しでも悲しみで歪めば全く違っていたかもしれません。実際の彼女の顔が毅然としていたのはやや興ざめかも。
★★★★
From: outfield(NO MAIL) 5月 6日(木)00時24分04秒
テンポ良く話しが進んで、最後まで楽しめました。ただその分、シェイクスピア作品、少なくともロミオとジュリエットについて多少なりとも知識がないと、物語に深みを与えるであろう色んな言いまわしを理解できないうちに、さらっと話が進んでしまっていた気もしました。僕がとろいだけかもしれないけど。
★★★★
From: ちいこ(NO MAIL) 5月 5日(水)16時51分10秒
シェイクスピアの芝居にかける情熱と、自らの恋心を交差させながらのストーリーの展開が、とてもワクワクした。役者の演技力がないと、きっとひきつけられなかっただろうし、そういう意味ではアカデミー賞受賞も納得の作品じゃないかしら?
★★★
From: うに(NO MAIL) 5月 3日(月)05時02分07秒
まあまあ楽しんで観られたかなーっと。私にはG・パルトロウが「美しい」とは思えないので(スミマセン)、ツッコミ入れつつ……。簡単な前知識(シェイクスピアについて)があったほうがいいかもしれない。隣の中学生女子2人組は「はっ?」を連発してました。静かにしてくれいっ!トホホ。これ、アカデミーなんですよね。ほお。そうか……そうなのか……。『イングリッシュ・ペイシェント』に続き、ちょっぴり情けないコリン・ファースが拝めます。
★★★★
From: roni(NO MAIL) 5月 3日(月)01時29分30秒
好き嫌いの分かれる映画かなぁという感じです私の場合元々シェークスピアに興味があったこともあり結構のめりこんで見れました。ただ公開3日目なのに席がガラガラだったのには驚きでした。アメリカでは中年層にウケそうな映画ですが日本ではどの辺の層にうけるのか・・・ラブストーりーが好きな人はエバーアフターの方にいくだろうし。決して誰にでもお勧めできる映画ではありませんが個人的にはかなり楽しめました。
★★★★
From: チョコ(NO MAIL) 5月 2日(日)18時14分23秒
シェークスピア物、とりわけ「ロミ&ジェリ」物は流行りなのかな〜。感動的でした。デートにお勧めかも。美術に凝っているので、もう一度見たいです。グィネル・バルトロウの変身ぶりは見事!まるで、「リボンの騎士」さながらでした。
★★★
From: Kちゃん(NO MAIL) 5月 1日(土)19時24分00秒
それなりに楽しんで見たけど、やっぱり私も「プライベートライアン」を押さえての作品賞受賞は「?」って思った。
★★★★★
From: ひろこ(MAIL) 5月 1日(土)11時12分59秒
映画を見終わった後の興奮と言ったら!映画を見て幸せになれるというのは最高な映画だという証拠だと思います。個性あふれる出演者たち、特にジュディ・ディンチ。彼女の迫力は確かにアカデミーものだと納得します。で、脚本もすごい。よく出来ています。何回見ても飽きない要素が詰め込まれている気がします。私は試写会で見ましたが、お金を払ってでももう1回見に行こうと決心した作品です。
★★★
From: たけ@ボストン(MAIL) 4月 30日(金)18時50分45秒
決して悪い作品ではないが、「プライベート・ライアン」や「シン・レッド・ライン」(「ライフ〜」は観てない)を抑えてアカデミー作品賞を獲得するほどの代物ではない。