アカデミー賞受賞作品

 「THE OSCAR GOES TO ・・・」の発表パターンで有名なアメリカ・アカデミー賞は,現役の映画芸術科学アカデミー(Academy of Motion Picture Arts and Science)の会員によって選定されている.映画芸術科学アカデミーは,1927/5/11に設立され,会員は演技・演出・脚本・撮影etc.といった専門部会のいずれかに所属し,会員になるには最低2名以上の推薦を受けたのち,理事会が最終決定するが,映画芸術科学の分野で業績のあった者,才能が認められた者に限られる.現在の会員数は,5000名を越したと言われている.

第1回〜 | 第11回〜 | 第21回〜 | 第31回〜 | 第41回〜 | 第51回〜 | 第61回〜


第75回 2002年
作 品 賞 『シカゴ』
作品賞候補 『ギャング・オブ・ニューヨーク』『めぐりあう時間たち』
『ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔』『戦場のピアニスト』
監 督 賞 ロマン・ポランスキー『戦場のピアニスト』
主演男優賞 エイドリアン・ブロディ『戦場のピアニスト』
主演女優賞 ニコール・キッドマン『めぐりあう時間たち』
助演男優賞 クリス・クーパー『アダプテーション』
助演女優賞 キャサリン・ゼタ=ジョーンズ『シカゴ』
長編アニメーション賞 『千と千尋の神隠し』


第74回 2001年
作 品 賞 『ビューティフル・マインド』
作品賞候補 『ゴスフォード・パーク』『イン・ザ・ベッドルーム』
『ロード・オブ・ザ・リング』『ムーラン・ルージュ』
監 督 賞 ロン・ハワード『ビューティフル・マインド』
主演男優賞 デンゼル・ワシントン『トレーニング・デイ』
主演女優賞 ハル・ベリー『チョコレート』
助演男優賞 ジム・ブロードベント『アイリス』
助演女優賞 ジェニファー・コネリー『ビューティフル・マインド』

第73回 2000年
作 品 賞 『グラディエーター』
作品賞候補 『トラフィック』『ショコラ』
『グリーン・デスティニー』『エリン・ブロコビッチ』
監 督 賞 スティーブン・ソダーバーグ『トラフィック』
主演男優賞 ラッセル・クロウ『グラディエーター』
主演女優賞 ジュリア・ロバーツ『エリン・ブロコビッチ』
助演男優賞 ベニチオ・デル・トロ『トラフィック』
助演女優賞 マルシア・ゲイ・ハーデン『ポロック』


第72回 1999年
作 品 賞 『アメリカン・ビューティー』
作品賞候補 『サイダーハウス・ルール』『グリーンマイル』
『インサイダー』『シックス・センス』
監 督 賞 サム・メンデス『アメリカン・ビューティー』
主演男優賞 ケヴィン・スペイシー『アメリカン・ビューティー』
主演女優賞 ヒラリー・スワンク『ボーイズ・ドント・クライ』
助演男優賞 マイケル・ケイン『サイダーハウス・ルール』
助演女優賞 アンジェリーナ・ジョリー『17歳のカルテ』


第71回 1998年
作 品 賞 『恋におちたシェイクスピア』
作品賞候補 『ライフ・イズ・ビューティフル』『エリザベス』
『プライベート・ライアン』『シン・レッド・ライン』
監 督 賞 スティーブン・スピルバーグ『プライベート・ライアン』
主演男優賞 ロベルト・ベニーニ『ライフ・イズ・ビューティフル』
主演女優賞 グィネス・パルトロー『恋におちたシェイクスピア』
助演男優賞 ジェームズ・コバーン『アフリクション』
助演女優賞 ジュディ・デンチ『恋におちたシェイクスピア』


第1回〜 | 第11回〜 | 第21回〜 | 第31回〜 | 第41回〜 | 第51回〜 | 第61回〜



資料提供:
アカデミー賞 公式ページ: http://www.oscar.com/