カンヌ国際映画祭


 毎年5月に開催される,最も規模の大きい,そして権威と歴史を持った映画祭.コンペティションは,映画の芸術と産業の双方に貢献している.開催期間中は,午前8時から午後4時頃まで試写が行われる.以前は大賞を「グランプリ」と呼んでいたが,最近では,「パルム・ドール(大賞)」が最優秀作品賞,その下位の賞として「グランプリ(銀賞)」が授与されるようになった.


第1回〜 | 第11回〜 | 第21回〜 | 第41回〜 | 第51回〜


第31回【1978年】
審査委員長:アラン・パクラ
パルム・ドール 木靴の樹【イタリア】
審査員特別賞 独りの夢【イタリア】
監督賞 大島渚『愛の亡霊』【日本】
国際批評家賞 大理石の男【ポーランド】
野の花の香り【ユーゴ】


第32回【1979年】
審査委員長:フランソワーズ・サガン
パルム・ドール ブリキの太鼓【西ドイツ】
地獄の黙示録【アメリカ】
審査員特別賞 シベリア【ソ連】
監督賞 テレンス・マリク『天国の日々』【イタリア】
若い映画賞 あばずれ【フランス】
国際批評家賞 地獄の黙示録【アメリカ】
ブラック・ジャック【イギリス】


第33回【1980年】
審査委員長:カーク・ダグラス
パルム・ドール 影武者【日本】
オール・ザット・ジャズ【アメリカ】
審査員特別賞 アメリカの伯父さん【フランス】
監督賞 クルジストフ・ザヌーシ『常数』【ポーランド】
国際批評家賞 アメリカの伯父さん【フランス】
田舎役者たち【ポーランド】


第34回【1981年】
審査委員長:ジャック・ドレー
パルム・ドール 鉄の男【ポーランド】
審査員特別賞 光年のかなた【スイス】
現代映画賞 ルックスとスマイル【イギリス】
雪【フランス】
国際批評家賞 メフィスト【ハンガリー】
マルー【西ドイツ】


第35回【1982年】
審査委員長:ジョルジオ・ストレーラー
パルム・ドール ミッシング・罠【アメリカ】
路【トルコ】
審査員特別賞 サン・ロレンツォの夜【イタリア】
監督賞 ウェルナー・ヘルツォーク『フィツカラルド』【西ドイツ】
国際批評家賞 路【トルコ】
もう一つの眼差し【ハンガリー】
野生の花【カナダ】


第36回【1983年】
審査委員長:ウィリアム・スタイロン
パルム・ドール 楢山節考【日本】
審査員特別賞 モンティ・パイソン【イギリス】
監督賞 ロベール・ブレッソン『金』【フランス】
アンドレイ・タルコフスキー【ソ連】
最優秀芸術貢献賞 カルメン【スペイン】
審査員賞 階級の出来事【インド】


第37回【1984年】
審査委員長:ダーク・ボガード
パルム・ドール パリ、テキサス【西ドイツ】
審査員特別賞 日記【ハンガリー】
監督賞 ベルトラン・タヴェルニエ『田舎の日曜日』【フランス】
最優秀芸術貢献賞 ピーター・ビンウ【イギリス】
国際批評家賞 パリ、テキサス【西ドイツ】
シテール島への船出【ギリシャ】
刑務所覚え書【ブラジル】


第38回【1985年】
審査委員長:ミロシュ・フォアマン
パルム・ドール パパは出張中!【ユーゴ】
審査員特別賞 バーディ【アメリカ】
監督賞 アンドレ・テシネ『Rendezvuos』【フランス】
審査員賞 レドル大佐【ハンガリー】
国際批評家賞 カイロの紫のバラ【アメリカ】
パパは出張中!【ユーゴ】


第39回【1986年】
審査委員長:シドニー・ポラック
パルム・ドール ミッション【イギリス】
審査員特別賞 サクリファイス【スウェーデン・フランス】
監督賞 マーチン・スコセッシ『アフター・アワーズ』【アメリカ】
審査員賞 テレーズ【フランス】
国際批評家賞 サクリファイス【スウェーデン・フランス】
アメリカ帝国の滅亡【カナダ】


第40回【1987年】
審査委員長:イヴ・モンタン
パルム・ドール 悪魔の陽の下に【フランス】
審査員特別賞 懺悔【ソ連】
監督賞 ヴィム・ヴェンダース『ベルリン天使の詩』【西ドイツ】
芸術貢献賞 ひかり【マリ】
親鸞・白い道【日本】
国際批評家賞 懺悔【ソ連】
Noces en Galilee【ベルギー・フランス・パレスチナ】


第1回〜 | 第11回〜 | 第21回〜 | 第41回〜 | 第51回〜



資料提供:
カンヌ映画祭公式サイト http://www.festival-cannes.fr/