1990年代
ぼくの採点表

by Juzaburo Futaba


映画雑誌「スクリーン」に掲載していた映画評論家:双葉十三郎氏の短評を紹介します.
評価基準は下記の通りですが,ここではダンゼン優秀な★★★★以上のものだけ抜粋しました.

★★★★以上   ダンゼン優秀
★★★☆☆☆ 上出来の部類
★★★☆☆ 見ておいていい作品
★★★☆
★★★ まア水準程度
★★☆☆☆ 水準以下だが多少の興味あり
★★☆☆ 篤志家だけどうぞ


1940年代・1950年代 | 1960年代 | 1970年代 | 1980年代


ア行
IP5 愛を探す旅人たち ★★★★ モンタン氏の冥福を祈りつつ。
いつか晴れた日に ★★★★ いまの映画にも晴れた日はあるのです。
今を生きる ★★★★ 死せる詩人たちは題名(Dead Poets Society)に涙する。
永遠と一日 ★★★★ 上映時間の一三四分で永遠と一日がわかる。
黄金の馬車 ★★★★ 黄金色が輝き続けた馬車でした。
オルランド ★★★★ 花の命は長が長がと、おかしきことのみ多かりき。


カ行
霧の中の風景 ★★★★☆ いい絵だな。
ギルバート・グレイプ ★★★★ 次回は弟が人さんのために尽くすほのぼの篇を期待したいデス。
恋におちたシェイクスピア ★★★★☆ やっぱりシェイクスピアはエラいのだ。


サ行
スウィング・キッズ ★★★★ SPのレコードに残る想い出いま哀し。


タ行
タンゴ ★★★★ 日本の皆さん、真似しようったってムリですよ。


ナ行
ニュー・シネマ・パラダイス ★★★★ 映画こそわが人生!


ハ行
日の名残り ★★★★ イギリスの伝統料理をじっくり味わいましょう。
フィード・オブ・ドリームス ★★★★ 野球愛+幽霊愛=父子愛。
ブロードウェイ・バンド ★★★★ アン女史へのお年玉にステキなダンス・シューズを贈りたくなりました。
ブロンクス物語 ★★★★ デ・ニーロ氏、監督試験に堂々と合格。


マ行
マグノリアの花たち ★★★★ 色香の失せし花なれど。
ミルドレッド ★★★★ 母を知る子に如かず。
モンタナの風に抱かれて ★★★★ 馬の耳にも念佛は通じるのだ。


ヤ・ラ・ワ行
ユリシーズの瞳 ★★★★ 痛ましき旅路の果てに残りしは、むなしき光のみなりき。
揺れる大地 ★★★★ 揺れる不動のヴィスコンティ。
ラ・ファミリア ★★★★ 廊下は人生の通路。
ラブ・アンド・ウォー ★★★★ 青春の陶酔いまいずこ。
リバー・ランズ・スルー・イット ★★★★ まこと、川の流れのように、ですナ。
わが心のボルチモア ★★★★ 喜びも悲しみも幾年月の移民篇。


1940年代・1950年代 | 1960年代 | 1970年代 | 1980年代


「西洋シネマ大系 ぼくの採点表W」 トパーズプレス社 より転載



資料提供:
「西洋シネマ大系 ぼくの採点表W 1980年代(トパーズプレス)」