おおいぬのふぐり(白花) 031w
クリックで大きな画像

 名 前 オオイヌノフグリ(白花)
          大犬陰嚢(白花)

 別 名 ヒョウタングサ、ホシノヒトミ

 科 名 ゴマノハグサ科

 学 名 Veronica persica 

 花 期 2〜6月

 草 丈 10-35cm 
        
 生育地 畑地、道端
 
 仲 間 イヌノフグリ、タチイヌノフグリ、フラサバソウ

  その他 帰化植物

  撮影地 豊橋市石巻町
※画像はクリックで拡大します。

メ モ 

このような白花がなぜ発生するのかは分かりませんが、白花の見られる場所としてつぎのような環境を

目撃しています。

@除草剤が散布されて、枯れているオオイヌノフグリの周辺で薬剤の影響が枯れるに至ほどでないと思

われる場所。されに白花から離れたところには薄い青色の花も見られました。

A過度の肥料が散布されている場所。柿木畑で肥料として牛糞がまかれている周辺で白花を見ています。

この場合も少し離れたところでは薄い青色の花も見られました。

なお、これらの白花は本来の青色の花に比べると花の大きさがやや小さいように思います。

これらの白花は外的要因で生じると考えられますが、カラスノエンドウの白花やナヨクサフジの白花のよ

うに固定された種としてのオオイヌノフグリの白花が存在するのは未確認です。