おおけたで 033
クリックで大きな画像

 名 前 オオケタデ
         大毛蓼

 別 名 ハブテコブラ

 科 名 タデ科

 学 名 Polygonum orientale 

 花 期 8〜11月

 草 丈 2-5cm 
        
 生育地 空地、川原
 
 仲 間 ベニバナオオケタデ、フイリオオケタデ

 その他 帰化植物

 撮影地 宝飯郡御津町
※画像はクリックで拡大します。

メ モ 

インドやマレーシア、中国が故郷です。江戸時代に輸入し、鑑賞用として栽培されました。今では各地

に野生化しています。オオケタデの名前は草全体が多毛なためです。 別名のハブテコブラはポルトガル

語に由来するものだそうです。毒ヘビ、毒虫などにかまれた時、解毒作用があると言われています。