かきどおし 046

名 前 カキドオシ(垣通、連銭草)
別  名 カントリソウ
科 名 シソ科
学 名 Glechoma hederacea var. grandis
花 期 4月〜5月
草  丈 5-25p 
生育地 野原の道端、公園、丘陵地や田の用水路脇
仲 間 
その他 薬用効能有
撮影地 豊橋市今橋町
メ   モ
茎が垣根をくぐってぐんぐん伸びるので垣根を通す草と言う意味で、カキドオシの
名前がつけられました。
花の時期が終わると急に茎が伸び出して、1m 以上にもなります。
 花は淡紫色で、中央に紫色の斑点があります。半日陰の樹木の下や人家の周りに
よく見かけます。民間薬として子どものカンをとるので、カントリソウとも言われ
ています。