からすうり 053
クリックで大きな画像

 名 前 カラスウリ
         烏瓜

 別 名 

 科 名 ウリ科

 学 名 Trichosanthes cucumeroides 

 花 期 8〜10月

 草 丈 つる性植物 
        
 生育地 山野、林や藪地の縁
 
 仲 間 スズメウリ、キカラスウリ

 その他 薬用効能有

 撮影地 豊橋市牛川町
※画像はクリックで拡大します。

メ モ 

カラスウリの名前は大きさがカラス向きの瓜だと考えたものでしょう。蔓が林の縁などの樹や竹にから

みついて伸びます。秋になると果実が赤く熟します。種は黒色で玉ずさ(結び文)と呼ばれ、カマキリ

の頭のような形をしています。花は夜間に咲きますが、純白で5弁、花びらの先の方はフレア状で大変

に美しいものです。果実はしもやけの民間薬です。雌雄異株です。下の画像は熟した赤い果実です。 

※画像はクリックで拡大します。