きらんそう 063
クリックで大きな画像

 名 前 キランソウ
          金瘡小草

 別 名 ジゴクノカマノフタ

 科 名 シソ科

 学 名 Ajuga decumbens 

 花 期 3〜6月

 草 丈 5-15cm 
        
 生育地 日当たりのよい野原
 
 仲 間 モモイロキランソウ、タチキランソウ

  その他 薬用効能有

  撮影地 豊橋市今橋町
※画像はクリックで拡大します。

メ モ 

人里の日当たりのよい所に見られる野草です。茎は放射状に地面をはいながら広がります。葉は緑色か

紫がかった緑色をしています。全体に白色のちぢれた毛があります。地方によっては医者殺しとも言わ

れたり、地獄の釜にふたをして病人を追い返すほど効く薬草とされ、地獄の釜のふたとも呼ばれていま

す。 キランソウは下の画像(左)のように上唇の花弁が小さくわずかに見えるだけです。類似するタチ

キランソウの場合は下の画像(右)のように大きく耳のように見えます。

※画像はクリックで拡大します。