すすき 091
クリックで大きな画像

 名 前 ススキ
         芒、薄

 別 名 カヤ、オバナ

 科 名 イネ科

 学 名 Miscanthus sinensis 

 花 期 8〜10月

 草 丈 1-2m 
        
 生育地 野原、山野、土手
 
 仲 間 トキワススキ

 その他 薬用効能有、秋の七草

 撮影地 豊橋市牛川町
※画像はクリックで拡大します。

メ モ 

日本中、野原や山地の日当たりのよい所にごく普通に見られる野草です。秋の七草のひとつです。茅(

かや)とも呼ばれます。ススキの名前はすくすく育つ木(草)の意味だと言われています。似た仲間に

オギ(荻)がありますが、ススキが株をつくるのにオギは株立ちしません。ススキの薬効として地下茎

がかぜ、はれ物、利尿の薬になります。