せいばんもろこし 098
クリックで大きな画像

 名 前 セイバンモロコシ
         西蛮蜀黍、西潘蜀黍

 別 名 ジョンソングラス

 科 名 イネ科

 学 名 Sorghum halepense 

 花 期 8〜10月

 草 丈 1-2m 
        
 生育地 荒地、道端
 
 仲 間 ノギナシセイバンモロコシ

 その他 帰化植物

 撮影地 豊橋市下地町
※画像はクリックで拡大します。

メ モ 

ススキのように見えますが、穂の様子が違います。地中海沿岸生まれの帰化植物で、近年大変な勢いで

広がっています。セイバンモロコシは台湾などにある「もろこし」の意味です。ヨーロッパではジョン

ソン・グラスの名で牧草になっていますが、若い葉には青酸が含まれ、家畜が中毒になることもあるそ

うです。ススキをしのぐように繁殖しています。画像は国1号街路樹の植え込みに見られたものです。

花を拡大して観察すると下の画像のように芒が見られます。仲間には芒の見られないノギナシセイバン

モロコシ(最下段の画像)があります。 

芒のあるセイバンモロコシ ※画像はクリックで拡大します。


芒の無いノギナシセイバンモロコシ ※画像はクリックで拡大します。