外来の種のたんぽぽ 099
クリックで大きな画像

 名 前 外来種のタンポポ
          外来種の蒲公英

 別 名 

 科 名 キク科

 学 名 セイヨウタンポポ: Taraxacum officinale Weber
          アカミタンポポ:Taraxacum laevigatum 

 花 期 4月〜6月・9月〜11月

 草 丈 15-20cm 
        
 生育地 道端、土手、野原
 
 仲 間 ニホンタンポポ、シロバナタンポポ

  その他 帰化植物

  撮影地 豊橋市牛川町
※画像はクリックで拡大します。

メ モ 

外来のタンポポとしてはセイヨウタンポポとアカミタンポポ(別名キレハアカミタンポポ)がその代表と

言えるかと思います。ヨーロッパ生まれの帰化植物、アルカリ性に適するのでコンクリート地域に強く、

都会型の種族と言えます。花期も春〜秋までと長く地域によっては真冬でも花が見られます。しかも、雌

しべが受精しなくても種子ができるので群れを必要としません。それだけ繁殖力が旺盛なのです。

在来のニホンタンポポとの区別は、花の下の外総苞片がそり返っていれば外来の帰化タンポポです。三

河地方ではほとんど1年中花が見られます。なお、在来のニホンタンポポとの交雑種もあり、その区別

は分かりにくくなっています。その他の外来タンポポとしては北海道などに見られる赤い花のコウリン

タンポポもあります。