ながばたちつぼすみれ 1027

名 前 ナガバタチツボスミレ(長葉立坪菫)
別  名 
科 名 スミレ科
学 名 Viola ovato-oblonga 
花 期 3月〜5月
草  丈 10-20p 
生育地 丘陵や山地の林縁
仲 間 タチツボスミレ
その他 
撮影地 (上)新城市 (下)設楽町津具
メ   モ
茎葉は長三角形状楕円形をしていて細長いことからナガバタチツボスミレと
呼ばれます。ただし、細長いは夏葉なので、早春の頃は下の画像(4/3撮影)
のような円腎形で基部は深いハート形をしています。
タチツボスミレの仲間ですから花期が終る5月頃には茎が立ち上がってきて
茎葉も名前のよな三角形の長葉になります。画像の撮影は4/27です。