かんはたけごけ 1080

名 前 カンハタケゴケ(寒畑苔)
別  名 
科 名 ウキゴケ科
学 名 Riccia nipponica  
胞子期 冬
草  丈 0.5-1.0p 
生育地 冬の水を抜いた水田
仲 間 ハタケゴケ
その他 胞子植物 苔類
撮影地 豊川市小坂井町
メ   モ
水が抜かれて稲刈りが終わった水田に秋から冬の間に生育する苔類です。
ちょうど寒い時期に見られるのでカンハタケゴケ(寒畑苔)と言われるのです。
春に耕されるまでの短い時期に生活するタイプの苔類です。葉状体の長さは
1-2p、湿っていると黄緑色でガラスのような輝きがあり乾燥すると白緑色
で光沢が無くなります。下の画像は散在して生えてる様子です。
ウキゴケ科にはウキゴケ属(ハタケゴケ、カンハタケゴケ、コハタケゴケ、
ウキゴケ)とイチョウウキゴケ属(イチョウウキゴケ)があります。