てきりすげ 123
クリックで大きな画像

 名 前 テキリスゲ
          手切菅

 別 名 

 科 名 カヤツリグサ科

 学 名 Carex kiotensis

 花 期 5〜6月

 草 丈 30-60cm 
        
 生育地 山野の湿地
 
 仲 間 アゼナルコ、カワラスゲ

  その他 

  撮影地 豊橋市牛川町
※画像はクリックで拡大します。

メ モ 

葉の縁がススキのようにざらつき、鋭くなっています。うっかり触れると手に切り傷を負います。これ

がテキリスゲの名前の由来です。休耕田などに見ることがあります。小穂には長い柄があって、穂はど

れもお辞儀をしたように垂れ下がっているのが特徴です。