どくうつぎ №1245

名 前 ドクウツギ(毒空木)
別  名 イチロベエゴロシ、オニゴロシ
科 名 ドクウツギ科
学 名 Coriaria japonica  
花 期 4月~5月
樹 高  1-2m 
生育地 日当たりの良い山野や川原
仲 間 
その他 落葉低木
撮影地 津具村 茶臼山山麓
メ   モ
名の由来は、毒があり、幹が空洞であるウツギに似ているからです。
全草が猛毒です。ドクゼリ、トリカブトとあわせて、日本三大毒草とされてい
ます。
果実の径は約7.5~8.6㎜、甘味があり、低木なので、子どものままごと遊びに
よる誤食事故がたびたび起きているそうです。
手が届きやすい場所での自生の場合は駆除等の対策が必要です。