はないばな 143
クリックで大きな画像

 名 前 ハナイバナ
          葉内花

 別 名 

 科 名 ムラサキ科

 学 名 Bothriospermum tenellum 

 花 期 4〜11月

 草 丈 10-15cm 
        
 生育地 道端、畑地、庭
 
 仲 間 キュウリグサ

  その他 キュウリグサに類似

  撮影地 豊橋市今橋町
※画像はクリックで拡大します。

メ モ 

ハナイバナは名前のように葉と葉の間に花がつくので、葉内に花がある、ハナイバナと言われるのです。

キュウリグサと同じような場所に生えるので間違え易いのですが、花の柄の下に1枚の葉がついていま

す。また、葉はややとがっおり、へりが波をうったようになっています。花期が長いのは、春にできた

種が散って発芽し、秋に花を咲かせるからです。