ひなたいのこずち 152
クリックで大きな画像

 名 前 ヒナタイノコズチ
          日向猪子槌

 別 名 

 科 名 ヒユ科

 学 名 Achyranthes fauriei

 花 期 8〜9月

 草 丈 50-100cm 
        
 生育地 道端、荒地
 
 仲 間 ヒカゲイノコズチ(イノコズチ)

  その他 

  撮影地 宝飯郡御津町
※画像はクリックで拡大します。

メ モ 

名前は日当たりのよい所に生えるからです。イノコズチの意味は茎の節の部分が茶褐色で、節くれだっ

ている様子がイノシシの脚の関節に似ているからだと言われています。仲間のヒカゲイノコズチ(林の

下など半日陰に見られる種類)に比べると茎や花穂が太くて、花も密集しています。なお、普通イノコ

ズチの言えばヒカゲイノコズチを意味します。 

     掲載関連野草

イノコズチ