ひるがお 158
クリックで大きな画像

 名 前 ヒルガオ
          昼顔

 別 名 アメフリバナ、ハタケアサガオ

 科 名 ヒルガオ科

 学 名 Calystegia japonica

 花 期 7〜8月

 草 丈 つる性植物 
        
 生育地 道端、野原
 
 仲 間 コヒルガオ、ハマヒルガオ

  その他 食用可・薬用効能有

  撮影地 蒲郡市竹谷町
※画像はクリックで拡大します。

メ モ 

夏の日中に花を咲かせているので、アサガオに対してヒルガオと言います。花はうすいピンク色でアサ

ガオよりひとまわり小形です。アサガオのように種をつくらず、地下の茎でふえていきます。葉は細く

アサガオの葉とは違っています。植え込みの樹木などにからみついて伸びていきます。野原や道端に普

通に見られる野草です。

     掲載関連野草

セイヨウヒルガオ ハマヒルガオ コヒルガオ マメアサガオ ホシアサガオ マルバルコウ