ほうきぎく 164
クリックで大きな画像

 名 前 ホウキギク
          菷菊、箒菊

 別 名 ハハキギク

 科 名 キク科

 学 名 A. subulatus var. obtusifolius 

 花 期 8〜10月

 草 丈 50-150cm 
        
 生育地 荒地、休耕田
 
 仲 間 ヒロハホウキギク

  その他 帰化植物

  撮影地 豊橋市牛川町
※画像はクリックで拡大します。

メ モ 

北アメリカ生まれの帰化植物で明治の末期、大阪の淀川河畔で見つかったのが最初だと言われています。

湿り気のある荒れ地などを好み、ときに大群落をつくるようです。ハハキシオン、アレチシオンなどと

呼ばれていたものを、植物学者の牧野富太郎博士がホウキギクと命名しました。名前は草の姿からほう

きを連想したものです。