ままこのしりぬぐい 169
クリックで大きな画像

 名 前 ママコノシリヌグイ
          継子の尻拭

 別 名 ハリソバ

 科 名 タデ科

 学 名 Polygonum senticosum 

 花 期 5〜10月

 草 丈 1mほど 
        
 生育地 丘陵地の水辺、田の畦
 
 仲 間 ミゾソバ、イシミカワ

  その他 帰化植物

  撮影地 宝飯郡御津町
※画像はクリックで拡大します。

メ モ 

ママコノシリヌグイの名前は、まま母がまま子をいじめるのにとげのあるこの草でお尻をふくという意

味です。茎にも葉の柄にも下向きのとげが生えていて、これで他のものにからみついて伸びます。淡紅

色の花(実際にはがく)が集まって咲きます。よく似た仲間にミゾソバがありますが、ミゾソバの葉は

牛の額の形であることや10個ほどの小花が集まっていることで区別できます。