やまねこのめそう 195
クリックで大きな画像

 名 前 ヤマネコノメソウ
          山猫の目草

 別 名 

 科 名 ユキノシタ科

 学 名 Chrysosplenium japonicum  

 花 期 3〜4月

 草 丈 10-15cm 
        
 生育地 山野の木陰、林の周囲
 
 仲 間 ネコノメソウ

  その他 帰化植物

  撮影地 豊橋市今橋町
※画像はクリックで拡大します。

メ モ 

やや湿気のある林の下や湿った石垣の間などに見られます。猫の瞳は縦に細くなっていますが、ネコノ

メソウの仲間は、果実のつき方がその猫の瞳を連想させることからつけられた名前です。ヤマネコノメ

ソウは山猫の目ではなく、山にあるネコノメソウのことです。しかし、ヤマネコノメソウは公園などの

樹林下などにも見られます。よく似ているネコノメソウとの区別は、葉が対生ならネコノメソウ、互生

ならヤマネコノメソウです。下の画像は花後にできた種の様子です。

※画像はクリックで拡大します。