ひめひおうぎずいせん 265
クリックで大きな画像

 名 前 ヒメヒオウギズイセン
          姫檜扇水仙

 別 名 

 科 名 アヤメ科

 学 名 Tritonia crocosmaeflora Lemoine 

 花 期 7〜8月

 草 丈 60-100cm 
        
 生育地 林の縁、垣根の下
 
 仲 間 

  その他 帰化植物、園芸品種

  撮影地 宝飯郡御津町
※画像はクリックで拡大します。

メ モ 

ヒオウギズイセンとヒメトウショウブの交配で生まれた園芸品種です。本来はヨーロッパで交配によっ

て作られた園芸品種で、明治中期に日本に入ったものです。繁殖力が強く、人家の周りなどに野生化し、

どこにでも見られるようになりました。そのため、以前は花壇などに栽培されていたのですが、今では

わざわざ植える人はいないようです。