みそはぎ 279

名 前 ミソハギ(禊萩・千屈菜)
別  名 ミゾハギ、盆花、ショウリョウバナ
科 名 ミソハギ科
学 名 Lythrum anceps  
花 期 7月〜8月
草 丈 50-100cm 
生育地 山野の湿地、田のあぜ
仲 間 
その他 
撮影地 豊橋市前芝町
メ   モ
ミソハギの名前にみそぎという漢字をあてているのは本来はみそぎ萩なのでしょうか。お盆に仏前に供
えることから、盆花と呼ばれています。そのため畑や田のあぜなどに植えられています。この写真も畑
の片隅に植えられたものです。 なお、盆花は地域によってはフロックスのこともあります。 
ミソハギの花は3形花で3タイプの花があります。
・長花柱花・・・雌しべが長く雄しべよりも先に突き出ているので柱頭が見えます。
・中花柱花・・・雌しべは突き出ていませんが雄しべぐらいなので柱頭は見えます。
・短花柱花・・・雌しべが短く花喉にあるので柱頭が見えません。
また、これらの花は株によるようなので3形花をひとつの株では見られません。
下の画像は短花柱花(左)と長花柱花(右)です。画像クリックで拡大します。