つたばうんらん 329
クリックで大きな画像

 名 前 ツタバウンラン
          蔦葉海蘭

 別 名 

 科 名 ゴマノハグサ科

 学 名 Cymbalatia muralis Gaertn., Mey.et Scherb. 

 花 期 6〜8月

 草 丈 つる性植物 
        
 生育地 石垣や城壁のすき間など
 
 仲 間 マツバウンラン

  その他 帰化植物

  撮影地 豊橋市八町通
※画像はクリックで拡大します。

メ モ 

ヨーロッパ生まれの帰化植物です。名前のツタバウンランはつたのような葉のウンランの意味だと思わ

れます。茎は地面をはって伸びます。球形の果実の柄は暗いところに向かって伸びる性質があるので地

中にもぐって結実します。