ゆきのした 331
クリックで大きな画像

 名 前 ユキノシタ
          雪の下、虎耳草

 別 名 

 科 名 ユキノシタ科

 学 名 Saxifraga stolonifera 

 花 期 5〜6月

 草 丈 20-50cm 
        
 生育地 山地の湿った岩の上など
 
 仲 間 ジンジソウ

  その他 食用可、薬用効能有

  撮影地 宝飯郡御津町
※画像はクリックで拡大します。

メ モ 

庭などにも植えられるのでよく見かける野草です。赤味のある走出枝を出して、その先端に新しい株を

つくります。花は5弁の白い花ですが、上側の3つの花弁は小さくて濃い紅色の斑点があります。ユキ

ノシタの名前は雪の下でも生き残っているからとか花が雪のようだからなどの説がありますが、はっき

りしません。なお、虎耳草は生薬名で葉の形から虎の耳を連想したものです。学名の Saxifraga は岩を

砕くの意味だそうです。岩の割れ目などに生えることからつけられたのでしょう
クリックで大きな画像
※画像はクリックで拡大します。