にりんそう 528
クリックで大きな画像

 名 前 ニリンソウ
          二輪草

 別 名 

 科 名 キンポウゲ科

 学 名 Anemone flaccida

 花 期 4〜5月

 草 丈 15-25cm 
        
 生育地 野山の林内、林縁
 
 仲 間 イチリンソウ、サンリンソウ

  その他 食用可

  撮影地 北設楽郡豊根村 茶臼山
※画像はクリックで拡大します。

メ モ 

ニリンソウの名前は1本の茎に2つの花が咲くことからです。しかし、花が1つの場合も3つの場合も

あります。イチリンソウの葉は切れ込みがもっと深くなっています。サンリンソウは亜高山帯の草花で

花期も5−7月です。キンポウゲ科ではめずらしく花、葉が食用になりますが猛毒のトリカブトの葉が

似ているために誤ってトリカブトの葉を食して死亡すると言う事故が起きています。