みやませんとうそう 632
クリックで大きな画像

 名 前 ミヤマセントウソウ
         深山仙洞草

 別 名 ホソバセントウソウ

 科 名 セリ科

 学 名 Chamaele decumbens 

 花 期 4〜5月

 草 丈 10cmほど 
        
 生育地 山地の林下
 
 仲 間 イワセントウソウ

 その他 

 撮影地 北設楽郡津具村
※画像はクリックで拡大します。

メ モ 

普通のセントウソウに比べて葉の切れ込みが細かいのでミヤマセントウソウとかホソバセントウソウと

して区別をしますが、人によってはセントウソウの変種として扱う場合もあります。図鑑には早春から

山野の林の木陰で小さな白い花を咲かせるとありましたが落葉樹の下、日当りのよい場所で撮影しまし

た。 


※画像はクリックで拡大します。