もりあざみ 679
クリックで大きな画像

名 前 モリアザミ
        森薊

別 名 

科 名 キク科

学 名 Cirsium dissacoleois

花 期 9〜10月

草 丈 50-100cm 
        
生育地 山地の日当りのよい草地
 
仲 間 

その他 食用可、ヤマゴボウの味噌付として売られている

撮影地 愛知県南設楽郡作手村 長ノ山湿原
※画像はクリックで拡大します。

メ モ 

かたくて先がするどく尖った総ほう片が頭花の後ろに開いているのがよく目立ちます。太い根は食べら

れます。ヤマゴボウの名前でそのままあるいは味噌付として売られています。そのため栽培もされてい

ます。なお、ヤマゴボウの名前の植物は他にあって、こちらは薬用植物として栽培されています。

この花は野生種ではなく、近くの栽培種が野原に逸出したものと思います。

下の画像は味噌漬けにするヤマゴボウを家庭菜園に植えて、花が咲いたものです。茎は2mを越す大きさ

になりました。 

※画像はクリックで拡大します。