こぶし 789
クリックで大きな画像

 名 前 コブシ
          辛夷

 別 名 ヤマアララギ、コブシハジカミ

 科 名 モクレン科

 学 名 Magnolia kobus

 花 期 3〜4月

 草 丈 5-10m 
        
 生育地 野山
 
 仲 間 シデコブシ、タムシバ

  その他 落葉小高木

  撮影地 豊橋市内の公園
※画像はクリックで拡大します。

メ モ 

漢字表記の辛夷は本来は中国におけるモクレンおよび同属の花のつぼみを採取して乾燥したものを指す

生薬名なのです。コブシも仲間のタムシバもともに日本特産の樹木です。コブシの花は花弁が6枚でそ

の基部はやや赤味を帯びています。また、花のすぐ下に1枚の葉がついています。よく似ているタムシ

バにはこの葉がありませんので区別する目安になります。また、ハクモクレンとも似ていますがこちら

は花弁が6枚、ガク片が3枚であたかも9枚の花びらがあるように見えますのでこれで区別できます。

下の画像は秋、10月頃のコブシの実です。 

※画像はクリックで拡大します。