みかわまつむしそう 802

名 前 ミカワマツムシソウ(三河松虫草)
別  名 
科 名 マツムシソウ科
学 名 Scabiosa japonica var. breviligula  
花 期 8月〜10月
草  丈 60-90p 
生育地 蛇紋岩地帯の痩せ地
仲 間 マツムシソウ
その他 マツムシソウの変種
撮影地 新城市比丘尼
メ   モ
奥三河の山間部に見られるマツムシソウに比べてやせたマツムシソウだと思
っていました。しかし、このマツムシソウは蛇紋岩地帯の痩せ地に見られる
特有な種、マツムシソウの変種であることがわかりました。
花は直径1〜2cmと小さく、舌状花は見られなかったり、あっても3〜5個
ほどでしかも短い舌状花です。とにかく貧疎な感じのマツムシソウです。