おおばみぞほおずき 818

名 前 オオバミゾホオズキ(大葉溝酸漿)
別  名 
科 名 ゴマノハグサ科
学 名 Mimulus sessilifolius 
花 期 7月〜8月
草  丈 10-30p 
生育地 山の林内で湿気のあるところ
仲 間 ミゾホオズキ
その他 
撮影地 長野県下伊那郡売木村
メ   モ
深山の湿気のあるところに生える多年草です。花は濃い黄色でミゾホオズキ
と比べるとやや大きく、花冠の裂片も長くなっています。
葉は長さが3−6cm、卵形〜卵円形で柄がありません。
※ オオバミゾホオズキとしたのは、葉に柄が無いことからです。
ただし、図鑑類にはオオバミゾホオズキの分布は中部地方以北の日本海側と
されています。