とべら 881

名 前 トベラ(扉)
別  名 
科 名 トベラ科
学 名 Pittosporum tobira 
花 期 4月〜6月
樹 高 2-3m 
生育地 海岸近く
仲 間 
その他 公園や庭によく植えられる 雌雄異株
撮影地 田原市渥美半島
メ   モ
海岸近くに見られる常緑低木です。互生する葉は枝先に集る。葉の表面には
光沢があって縁が裏側に巻いています。花は芳香があってはじめは白色です
がやがて黄色くなります。果実は熟すと3つに割れて赤く粘った種子を出しま
す。種子は野鳥の好物です。トベラは独特の臭気を持ち、枝は節分や除夜の
魔よけとして扉に挿したことから扉の木とも呼ばれています。
この扉の木がもとでトベラの名前になったものと思われます。