みずひまわり 906

名 前 ミズヒマワリ(水向日葵)
別  名 通称ギムノコロニス
科 名 キク科
学 名 Gymcoronis spilanthoides 
花 期 6月〜11月
草  丈 1-2m 
生育地 水田、川岸、池
仲 間 
その他 帰化植物・アクアリウムの水中植物
撮影地 豊橋市
メ   モ
日本で最初のミズヒマワリの報告は1996年、愛知県です。ミズヒマワリは南
米原産の植物で、わが国には熱帯魚などの水槽に植える水中植物として入っ
たものです。水の中では水中葉なのですが水上では空気中での葉を茂らせま
す。花は白色でその形状は頭状花序、花序の大きさは1cmほどです。
茎は太く気体を蓄えた気室を持つので浮力があります。繁殖は旺盛でです。
10cmほどの茎の断片でもすぐ発根し育ちます。
切れ端が河川などに流れて繁殖すると言われています。他の植物の環境破壊
を引き起こしかねないので繁殖の見られる地域では抜き取り撲滅運動が展開
されています。