からくさなずな №937

名 前 カラクサナズナ(唐草薺)
別  名 インチンナズナ、カラクサガラシ
科 名 アブラナ科
学 名 Coronopus didymus Smith 
花 期 4月~5月
草  丈 10-20㎝ 
生育地 畑地、草地
仲 間 
その他 帰化植物 強害草
撮影地 豊橋市 豊橋公園内
メ   モ
ヨーロッパ原産の帰化植物です。日本には大正時代に入ってきたと言われて
います。関東以西の暖地に帰化しています。独特の臭気があり、牛の飼料に
混入すると「飼料臭乳」となり廃棄しなければならないそうです。基部から
匍匐する枝を出して広がります。葉腋に花序を出して1mmほどの細かい白~
淡黄色の花を咲かせます。なお、インチンナズナとはどう言う意味なのでしょ
うか。ナズナは同じアブラナ科のナズナ(薺)であることは明白です。では
インチンとは何んでしょうか。インチンは漢字で茵蔯と書かれ、キク科のカ
ワラヨモギの漢名とのことです。この植物の様子がカワラヨモギの花をつけ
る前の様子にどことなく似ていことからカワラヨモギに似たナズナの意味で
インチンナズナとされたもののようです。