カルポブローツス・キレンシス 979

名 前 カルポブローツス・キレンシス
別  名 バクヤギク(莫邪菊)
科 名 ツルナ科
学 名 Carpobrotus chilensis  
花 期 4月〜9月
草  丈 地面をはう  
生育地 海岸や断崖
仲 間 
その他 園芸植物
撮影地 渥美半島西の浜  砂浜
メ   モ
南アフリカの原産の常緑多年草、多肉質の植物です。園芸用として栽培された
ものが逸出したものではないかと推測しています。アメリカのオレゴン州南部
からメキシコにかけての太平洋側に分布し、海岸や断崖に生えているそうです。
海岸の砂地に見られるのも環境が適しているのかと思われます。地面をはって
広がります。花は直径10cmほどあり、日差しのあるときだけ開いています。
下の画像は渥美半島の砂浜に群生する様子です。