たしろらん 992

名 前 タシロラン(田代蘭)
別  名 
科 名 ラン科
学 名 Epipogium roseum  
花 期 6月〜7月
草  丈 20-50p 
生育地 山地の常緑樹林内
仲 間 
その他 腐生植物
撮影地 北設楽地区
メ   モ
タシロランの名前は発見者である田代善太郎の名前に由来しています。葉緑
素を持たない腐生植物です。
地下部は菌根となっています。多数の白色の花が房状につきます。唇弁には
淡紅色の斑点(下の画像)が見られます。タシロランは特異な生活形態のよ
うでその詳細は未解明です。大変にデリケートな植物のため環境の変化には
弱く少しでも人為的要素が加わると生育環境の破壊になると言われています。

※今まで県内では知多半島の美浜町(2003年)、蒲郡市の山中(2003年)での報
告がされているようですが今回(2007年)は北設楽地区の道端で偶然に遭遇し
ました。