愛知県 県の木 ハナノキ

日本の固有種で、長野県・愛知県・岐阜県・滋賀県の四県にのみ自生する。最近では街路樹や公園などに植栽されていることも多い。

樹高は20mほど。雌雄異株。花期は、3〜4月で、新芽が吹く前に赤い花を咲かせる。これが名前の由来となっている。落葉樹で秋には

鮮やかに葉が紅葉または黄葉する。

国の天然記念物に指定されている他、愛知県の県木ともなっている。環境省のレッドブックでは絶滅危惧II類に指定されている。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

撮影:2009年3月23日 豊根村にて