毒性のある植物     クサノオウ 草の王、瘡の王  ケシ科

毒性(どくせい)のメモ
(くき)などに(きず)をつけると橙黄色(だいだいきいろ)苦味(にがみ)のある(しる)()てきます。この(しる) にはアルカロイド(けい)成分(せいぶん)(ふく)まれ、(よわ)鎮痛、麻酔性(ちんつう ますいせい)作用(さよう)があります。胃の痛(い いた)みに服用(ふくよう)されたようですが(りょう)によって嘔吐や下痢(おうと げり)、  手足(てあし)のしびれなどの中毒症状(ちゅうどくしょうじょう)()こすことがあります。