トップページ < 主な年間行事予定 < 修了式

平成29年度 普通課程、短期課程(建築施工科)修了式

 平成30年3月16日、春の息吹が感じられる中、平成29年度の修了式が挙行されました。 

 保護者の方々やご来賓の方々、在校生の見守る中、55名の修了生が日本の将来の「ものづくり」産業をささえる担い手として、今後の社会での飛躍を胸にその第一歩を踏み出しました。

 修了証書授与の後、小林校長から修了生へ、3つのエールを送りました。
@「急がば回れ」
急ぐ時はゆっくり落ち着いて着実にやるのがよいという例のとおり、遠回りでなく、安全で確実な近道を通ることができた。自信をもって就職先で実力を発揮してください。
A「もつべきものは、友、仲間」
共に訓練を頑張った仲間は、これからも互いに助け、支えあう財産となる。また、就職先で出会う人との関係をいかにより良いものに築くことができるかが重要になってくるので、人との縁・つながりを大事にしてください。
B「地域に生きよう」
皆さんは、県内の企業・事業所に就職されることになりました。若い力が地域に定着することは評価するべきことで、保護者の方のみならず、地域住民の皆様にも大きな希望である。皆さんには優れた企業人になってほしいし、地域の人々と仲良く暮らし、ともに地域を支え地域を愛する社会人になっていってほしい。

 その後、技能照査合格証書・各表彰状授与が行われ、ご来賓の三重労働局職業安定部 訓練室長 井谷様 からも心温まるお祝いの言葉をいただきました。
                                           

 平成29年度 修了式の様子