ハッチョウトンボ(トンボ科)

('92.8.9撮影) 雌('96.7.28撮影)

 後ばねの長さ13〜15mm、腹の長さ10〜14mm とトンボの中で最小の種類である。 成熟した雄はとても鮮やかな赤色をしているが、未熟の雄と雌は黄色で黒のまだらがある。はねは透明で基部は橙黄色をおびている。
 ハッチョウトンボの名は古く江戸時代の昆虫図譜にも載っており、矢田の八丁目(現在の名古屋市千種区)に産するのでこの名が付いたとある。
 「散策路図」の丸数字7、8番付近でモウセンゴケの枯れた茎にとまっているのをよく見かける。とにかく小さいので、目立たない色の雌などは気を付けていないと見逃してしまう。
 【出現期 5月〜9月】


ホームページ 蝶・蛾 トンボ その他の生き物