←左に目次がない時は、マーリン通信 をクリック! このフレーム名は「ツミ」です。
     
「ツミ」 フォルダ の 目次
更新月日 タ  イ  ト  ル
17.01.01  ツミ 同時に15羽が旋回上昇
12.07.11  日本の鷹隼類 環境省レッドリスト(4) リュウキュウツミ
08.10.24  飛翔中のツミ幼鳥 ♂♀識別表
08.01.01  越冬するツミ
05.05.05  原生林で聞いた ツミ の声
04.10.13  ツミ と ハイタカ の羽ばたき
03.11.03  ミナミツミ Besra と思われる個体を見ました
96.10.30  小形ながら最も気の強いタカ ツミ


ツミ 同時に15羽が旋回上昇


 前々回は「ハイタカ 同時に10羽・8羽舞う」という題で同時出現のハイタカの数について書きましたが、今回はツミ15羽の同時出現についてです。

 ツミが同時に15羽出現したのは、愛知県伊勢湾岸のタカ渡り観察ポイントで、2016年10月30日の8時55分頃のことです。イカルやアトリ等の小鳥の群れが何度も渡っていたので、このツミの群れも最初は肉眼で見ながら、「この群れは何かな」、「あれっ、旋回しながら飛んでいるから、ちょっと動きが変わっているな」と思って双眼鏡を向けてみました。するとツミの群れでした。数えてみると15羽でした。それも狭い範囲に固まって旋回上昇していました。他のツミにちょっかいをかけたりしながら飛んでいる個体が多かったです。

 キヤノン600mmF4しか持っていなかったので、なかなか全体が入るような写真は撮れませんでしたが、下の写真にはなんとかぎりぎりで6羽が入っています。画像を拡大してみたら、15羽のうちに♂成鳥が1羽見られ、♀成鳥かなと思われる個体もいましたが、多くは幼鳥でした。旋回しながら見る見るうちに高度を上げて、三々五々、ほぼ真西へ渡っていきました。


ツミ同時に15羽のうち、撮影できた6羽  2016.10.30 Canon600mmF4 by Wakasugi

 

 この日は午前6時40分から12時ちょうどまでの観察でしたが、ツミはこの15羽の群れの他に18羽出て、計33羽でした。18羽とも群れではなく、最大2羽同時に出た程度で、他は単独での出現でした。

 


別の日のツミ Accipiter gularis ♂成鳥   2016.10.18 Canon400mmF5.6 by Wakasugi

(Uploaded on 1 January 2017)

▲この画面の上へ

 


日本のタカ類 環境省レッドリスト(4) リュウキュウツミ


 ツミ Accipiter gularis  (Temminck & Schlegel, 1844)には、亜種ツミ Accipiter gularis gularis  (Temminck & Schlegel, 1844) と、亜種リュウキュウツミ Accipiter gularis iwasakii  Mishima, 1962 の2亜種が日本にいます。リュウキュウツミは、先島諸島の八重山列島(西表島、石垣島など)に留鳥として棲むといわれています。2006年・2012年版の環境省レッドリストでは、絶滅危惧IA類(Critically Endangered,CR)ほどではないですが、近い将来における野生での絶滅の危険性が高いとして、絶滅危惧IB類(Endangered, EN)に指定されています。亜種小名の iwasakii は採集者の岩崎卓爾氏から、命名者名の Mishima は三島冬嗣(みしまとうじ)氏から付けられました。

 図鑑などの説明によると、亜種リュウキュウツミは亜種ツミに比べて、
〇 背面の色や体下面の斑が亜種ツミよりも濃い。
〇 成鳥の横斑や幼鳥の縦斑・横斑が亜種ツミよりも太くて間隔が広い。
〇 オス成鳥の虹彩の色が亜種ツミの暗紅色よりもうすく、橙色に近い。
〇 翼式が亜種ツミと少し違うという説がある。そうではないという説もある。

 RDB (Red Data Book) の情報として、環境省の絶滅危惧種情報検索ファイルには、
【摘要】として、
 「ツミ( Accipiter gularis )の亜種。八重山諸島に留鳥として分布する小形の猛禽類である。林内で営巣し、小鳥類を採餌する。生息数や分布については、よくわかっていない。」と、記述されています。同じく、

【形態】として、
 「全嘴峰長17.8mm、翼長160mm、ふ蹠長52mm、尾長127.5mm(山階鳥類研究所標本:幼鳥オス)。亜種ツミ( A. g. gularis )と比較すると翼長が短く、風切羽の長さに相違点が見られる。」と、

【分布の概要】として、
 「種ツミは東北アジアから南中国、フィリピンにかけて分布し、日本では留鳥として1年を通して見られるが、一部は越冬のため移動すると考えられている。本亜種は八重山諸島にのみ分布する固有の亜種で、渡りはしない。」と、

【生物学的特性】として、
 「本亜種の生態はほとんどわかっていないが、亜種ツミとほとんど変わらないと考えられる。平地から山地の林にすむ。マツなどの高い枝に、枯枝で皿型の巣を作り、2~5卵を産む。主に小鳥を捕食するが、昆虫や小形哺乳類も食べる。」と述べられていますが、「亜種ツミとほとんど変わらないと考えられる」と断定してしまってよいかは疑問です。

【分布域とその動向】として、
 「八重山諸島の石垣島、西表島に留鳥として分布する。
 繁殖期分布情報:サブメッシュ数:0(第2回自然環境保全基礎調査)
 越冬期分布情報:2次メッシュ数:6、3次メッシュ数:10(第3回自然環境保全基礎調査)」と、

【個体数とその動向】として、
 「生息個体数についての資料はなく、個体数変動については不明である。」と、

【生息地の現況とその動向】として、
 「生息地となる森林は、農地開発やレジャー開発により減少傾向にある。」と、

【存続を脅かしている原因とその時代的変化】として、
 「農地開発やレジャー開発による森林伐採(11)は、生息地を減少させる。」と、

【特記事項】として、
 「資料が少なく生態も不明であるので、さらなる調査、資料収集が望まれる。」と、

【保護対策】として、
 「1992年には西表島の中央山岳部を中心に国設西表鳥獣保護区(3,841ha、うち特別保護地区2,306ha)が設定された。」と、記述されています。

【参考文献】として、
 1. 三島冬嗣,1962.南部琉球諸島のツミ(新亜種)とクロアジサシの亜種名について.鳥,17: 220-222.
 2. 森岡照明・叶内拓哉・川田隆・山形則男,1995.図鑑日本のワシタカ類.文一総合出版,東京.631pp.
の2本があげられています。

なお、1.の三島冬嗣氏の『鳥 第17巻』(1962)短報は、【 三島短報 】 で、見られます。

さて、次のようにいくつかはっきりしないことがあります。

1 本当に亜種かどうかという疑問があります
 図鑑『日本のワシタカ類』では、ツミとリュウキュウツミは同じである、つまり、亜種の存在を認めていないという『日本鳥類大図鑑』(清棲 1985)の記事を引用紹介しています。

2 ミナミツミなど他種の亜種の可能性もあります
 ツミの亜種ではなく、ミナミツミ Besra (別名 ナンバンツミ)の亜種の可能性があるかもしれません。ベスラは一度だけ伊良湖岬で見たことがありますが、胸の縦斑と横斑が太くてその間隔がひじょうに広かったです。

3 そもそも別種の可能性もあります
 もしも、ほんとうに確実に翼式が異なるとすれば、これはかなり大きな違いですので、そもそも種が違うことになるのかもしれません。そうなったら新種かもしれません。今のところ、まだデータ不足のようです。

 リュウキュウツミについては、これからの地元の研究者の努力によるところが大きい気がします。生態写真を多く撮ったり、繁殖の確認をしたり、留鳥と越冬鳥を区分したり、もし死体が見つかれば詳しく調べたり…ということを、繰り返す必要があります。または、環境省か沖縄県、あるいは民間の鳥類研究所が専門家のPTを作って一気に解決するかです。遠くに住む私たちにはなかなか研究できない面があります。

(Uploaded on 11 July 2012)

▲この画面の上へ

 


飛翔中のツミ幼鳥の♂♀識別表


 飛翔中のツミ幼鳥の雌雄識別はひじょうに分かりにくいです。識別したいと強く願いながらも、ほとんどの場合は高空過ぎて、私にも判別できないことが多いです。しかし、たまに低くを飛ぶ時には、雌雄が分かることがあります。そこで、少しでも分かりやすいように、どこに目を付けたらいいのかを中心に考え、私見を交えて一覧表にしてみました。

 表は、まだ作成途中です。皆さんに見ていただき、修正・追加していきたいと思っています。ご意見をください。よろしくお願いいたします。

飛翔中のツミ幼鳥の♂♀識別表 Ver.1.0(マーリン通信)
視  点 ♂成鳥 ♀成鳥 ♂ 幼鳥 ♀ 幼鳥
体の大きさ     メスに比べれば小さく、近くを飛んでいる時にはその小ささが分かることがある。また体が軽く感じることがある。 オスに比べれば大きく、近くを飛んでいる時にはその大きさが分かることがある。また体が重く感じることがある。
頭の大きさ     メスに比べれば、相対的に、頭でっかちに感じる。 オスに比べれば、相対的に、頭が小さく感じる。
脇の横斑     間隔が粗く、横斑が太い傾向にある。 オスに比べれば、横斑の間隔が狭く、横斑そのものが細いように感じる。
虹彩の色     11~12月に渡る個体の中には、虹彩が少し茶色っぽく見えるものがでてくる。年を越して、1月末になると、かなり虹彩がはっきりと赤っぽくなってくる。 黄色。

  今後、さらにしっかりと観察をして、分かりやすいものにしていきたいと考えています。なお、11月の虹彩の色については、B-B Birder さんにヒントを教えていただきました。

(Uploaded on 24 October 2008)

▲この画面の上へ

 


越冬する ツミ


 愛知県でのツミの生息は、「少数が繁殖、多数が渡りで通過、少数が越冬する」という状況です。ツミの渡りは9月から11月にかけて多く見られます。11月初旬の「立冬」後はノスリやハイタカが中心で、「初冬のタカ渡り」と私は呼んでいますが、ツミもけっこう渡ります。12月初旬もノスリ、ハイタカが少数渡り、これも、「師走のタカ渡り」と私は勝手に名付けていますが、ツミはほとんど渡りません。12月の中旬になるとノスリも含め、タカの渡りはぐっと少なくなり、居付くべきタカはほぼ居付いてしまいます。

 


記事とは別のツミ Accipiter gularis 幼鳥 2007年11月、愛知県にて若杉撮影 

 さて、2007年12月24日、県内の山間部のクマタカを見に行った時に、偶然ツミを見かけました。この時期なら、まず、地付きのツミと思われます。11時40分、私から十数メートルの距離のフェンス上に、飛んできてふわっととまりました。大きさはヒヨドリか、ヒヨドリよりもやや大きいかなというくらいでした。20秒ほどじっとしていました。胸に縦斑があり、緑色の蝋膜がこんもりと盛り上がっていました。オス幼鳥でした。虹彩は、1~2月には少しずつ赤味を帯びてくるはずですが、まだ12月だからでしょうか、黄色のままでした。

 13時10分には、たぶん同一と思われる個体が、山の斜面を飛んでいる姿が見られました。ツミらしくなく、浅く羽ばたいて山の斜面を滑空していました。獲物を探す時はいつもの深い羽ばたきは必要がないのでしょう。ハイタカが飛ぶようなふわふわとした感じの飛び方でしたので、一瞬ハイタカかなと思ってしまいました。しかし、そのすぐ後に、思い切り強く羽ばたき、体を左下に傾けて翼をすぼめ、猛スピードで樹間に突っ込んでいきました。獲物が捕れたかどうかは分かりませんでしたが、その後、林の中から出てくることはありませんでした。

 毎日野鳥を見ている方はしばしば越冬ツミを見ていらっしゃることでしょうが、仕事があって、週1でしか山に入れない私にとって越冬ツミは珍しく、見ない年もあるほどです。

(Uploaded on 1 January 2008)

▲この画面の上へ

 


原生林で聞いた ツミ の声


 2週間ほど前に書いた記事、「タカ類の観察法と小鳥類の観察法」で、タカを観察する時はあまり林の中に入らない方がよいというようなことを述べました。少々断定的な言い方でしたが、これにはもっともな部分とそれほどでもない部分があります。この記事の中の、「以前、5月初旬に原生林の林道を歩いていて、運良く目の前の枝にツミがとまってこちらを向いたことがあります。幼鳥なのに虹彩が……」と書いた場所とまったく同じ場所で、思いがけない声を聞きました。4月30日午前6時20分頃でした。キィーキィキキッキッキッという尻下がりな鳴き方で、頭上で、前方で、後方で、と続けて計3回聞きました。姿は見られませんでした。秋の渡りの時や、営巣地でエサを運んでくる時によく聞く鳴き声です。特に珍しい鳴き声ではないのですが、ちょうど18年前と同じなつかしい場所で思いがけず声を聞くことは、うれしいものです。

 この日、原生林に向かう途中、国道153号線で、車にはねられたと思われるテンを見ました。黄色が鮮やかで、走行中も、キテンだとすぐに分かりました。木の枝上を生き生きと走り回るテンを見てみたいものです。

  


車にはねられたと思われるテン

(Uploaded on 5 May 2005)

▲この画面の上へ

 

 


ツミ と ハイタカ の羽ばたき


 2004年10月11日、愛知県内の海岸部でタカの渡り観察中のことです。ほとんど雲のない晴れの青空で、暑い日でした。一羽のツミかハイタカらしきタカが山頂付近に現れました。初めは斜め横からしか見えず、翼の先や模様が見えませんでしたので、その羽ばたき方を見ていました。羽ばたきは深くなく、2~3回パタパタと羽ばたいて、スーッとグライディングするということを繰り返していました。この羽ばたき方から、すぐにハイタカだと勝手に決め込んでいました。(左目次の「ハイタカ」のフレームを参照してください)

 やや近づいてきたら、ハイタカほど尾羽は長くないし、翼の先はハイタカほど丸くはないので、「アレ?おかしいな」と思いながらも、「でもこの飛び方はハイタカだ」とまだ思いこんでいました。かなり近づいてきて、翼の先のとがり方や、尾羽の長さが分かってくると、やはり私の判断はまちがっていて、このタカはハイタカではなくツミでした。頭の真上を通った時に、胸の縦斑と脇腹の太い横斑が見え、最終的にツミの幼鳥(たぶんメス)と確認しました。こんな飛び方のツミは病気か、疲れているのか、体力を消耗しているのか、何なんだろうと思っていると、いったん海上へ出た後、再び戻って頭の上で旋回し、山の方へ帰って行きました(本気で病気だと思っているわけではありませんが…)。

 ハイタカのように急降下をするツミ(ハイタカほど急激ではないです)や、ツミのように激しく深い羽ばたきをするハイタカを見たことがありますので、ツミがハイタカのような羽ばたき方をすることもおかしくはありません。急降下や羽ばたき方だけでツミとハイタカの識別をしてしまうことは危険ですね。識別は慎重にしなくては…と思い知らされました。

 


この日のツミ(記事とは別個体) 

(Uploaded on 13 October 2004)

▲この画面の上へ

 

 


ミナミツミ Besra と思われる個体を見ました


 2003年11月2日11時47分ごろ、愛知県伊良湖岬の恋路が浜で観察中、上空にハイタカ属の鳥が近づいてきました。ハイタカのメスほどは尾羽が長くないし、初列風切の先がややツミっぽくて、「ツミかな」と思っていました。だんだんとこちらへ近づいてきたので幼鳥かどうか確認しようと思い、胸の辺りのタカ斑をじっと見たら、ずっと腹のほうまでやや黒ずんだ太い縦斑が続いていました。びっくりしました。翼は次列風切が、やや幅広く感じられました。こういう個体は、今まで見たことがありません。

 私はこの個体については、双眼鏡(Leica 10×50)のみの観察でしたので、確認できたのはそこまでが精一杯でしたが、一緒にいた川田隆さんが双眼望遠鏡で確認されたところ、今までに川田さんが3回観察されたことのあるベスラ Besra 幼鳥だとのことでした。

 Besra(Besra Sparrowhawk または Asiatic Sparrowhawk) は 学名 Accipiter virgatus (Temminck,1822) で、ミナミツミとか、ナンバンツミといわれる種です。日本鳥学会の「世界の鳥の分類和名 タカ目」(日本鳥学会誌『鳥』vol32、No4)では「ナンバンツミ(南蛮ツミ)」となっています。一般にはミナミツミと言われています。

 私は Besra を見るのが初めてですので、自信を持って Besra であるとは断言できません。しかし、ツミくらいの大きさで、ハイタカ属の仲間の特徴を備えており、明らかにツミでもハイタカでもアカハラダカでもない鳥とは…。

(Uploaded on 3 November 2003)

▲この画面の上へ

 

 


小形ながら最も気の強いタカ ツミ


 ツミは私にとって特別な思いのある鳥で、いつも意識をしています。いろいろ話題を提供してくれる鳥です。昔は日本中でも繁殖例がほとんどなかったのですが、今や市街地にまでどんどん進出し、名古屋市も含めて、各地で営巣が確認されています。断片的な記述ばかりですが参考にしてください。

名前 ツミとエッサイ

 標準和名がつく前は、雄に対してエッサイ(悦哉)、雌に対してツミ(雀鷂)と名前が付いていました。一部の書籍を見ると、「別種と思われて…」などの記載がありますがこれは間違いです。ちゃんと同じ種の雄と雌と認識されていました。

 英語で牛を総称してcattleといいますが、牝牛はcow 、雄牛はbull、雄牛で去勢されたものはox (複数形 oxen)です。鶏は、めんどりは hen、雄どりはcockといわれます。これらの名は家畜として実用目的で分けたもので、雄と雌などを区別しておいたほうが何かと便利だからです。ツミの雌をツミ、雄をエッサイと呼んでいたのも同じ理由です。昔の鷹匠が使ったのはツミだけで (これもそんなには多くなかったのですが)、エッサイは鷹狩りにはまったく使われませんでしたので、呼び名を分ける必要がありました。

虹彩(虹の彩りとは良い名称、英語でもiris)の色

 雄幼鳥の虹彩は、生まれた翌年の1月にはもうすでにオレンジ色がかってきます。2月にはかなり赤色っぽくなります。88年5月9日に愛知県の段戸山裏谷で目の前の枝にひょんととまったオス幼鳥の虹彩はもうすっかり赤色でした。

ろう膜の色

 野外で元気に生活しているツミのろう膜は緑色~黄緑色で、隆々と盛り上がっています。はく製にしたツミのろう膜は黄色になってしぼんでしまいます。ですから、はく製のデータはいろんな意味で要注意です。図鑑のろう膜の色を注意してみるとおもしろいです。緑色のろう膜を黄色に描いている人は、実物を見ずにあるいは野外観察をせずに、剥製でも見ながら描いているのでしょうか。

夏と冬

 以前は冬場見ることは私はありませんでしたが、繁殖例が多くなってきたからでしょうか、愛知県でも、冬場の情報がよく入るようになりました。また、5月に日本へ渡ってきたばかり(と思われる)個体群の様子なども聞きます。数羽のツミが林縁部に集まってじっとしていたそうです。

飛翔中のツミとハイタカとの区別

 日本野鳥の会愛知県支部報の1984年9月号5ページに記述しましたが、再録して要点を述べると、

  ① ツミは体全体に対して、ハイタカよりも頭が大きく見える。
  ② ツミはハイタカよりも尾が短い。
  ③ ツミ幼鳥の胸には縦斑が見られる。胸が縦斑のハイタカもいるが、やや少ない。
  ④ ツミは羽ばたきがハイタカより深くて速い。ハイタカのような羽ばたきが浅くてひらひらとした飛び方ではない。
  ⑤ ツミは体がハイタカより軽そうに見える。

  (後日注 … 32年後の2016年の注)
 ここに書いた5つの視点は、かなり大ざっぱな書き方です。30年ほど前まではよい資料がなくて、ここまで書くのがやっとでした。今はツミとハイタカの細かな識別点がしっかりと整理されています。

当地方での繁殖

  1983年に愛知県豊田市で巣を見て以来10年間のブランクがありましたが、1993年からは3年続けて名古屋市内で営巣のようすを見ることができました。

バンディングによる回収例

  1974.11.01 富山県(雄幼鳥)→ 11.14 鹿児島県西表島
  1990.10.27 伊良湖(雌成鳥、倉橋氏放鳥)→ 1991.4.23 鹿児島県奄美大島

 現時点ではこの2例が知られています。

(Uploaded on 30 October 1996)

▲この画面の上へ