和名:サギソウ(ラン科)
学名: Habenaria radiata

('93.8.26撮影)

 山野の日当たりのよい湿地に生える多年草で、高さ15〜40cm になる。
葉は長さ5〜10cm、幅3〜6mm 程で、下部のものほど大きくなっている。
 直径3cm 程の白色の花を1〜4個つける。この花が、シラサギが翼を広げているような形から、名前が付いている。
 葦毛湿原のあちらこちらで見られるが、特に「散策路図」の丸数字9、10、20番付近で多く見られる。
このサギソウが咲く時期は、葦毛湿原にはとても多くの人が訪れる。
 なぜ、このような複雑な形の花ができるのか不思議でならない。
 【平均開花時期 8月上旬〜8月下旬】


ホームページ 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12〜2月