和名:ショウジョウバカマ(ユリ科)
学名:Heloniopsis orientalis

('93.3.27撮影)

 低山の湿った斜面などに生える多年草。
舌状で長さが5〜10cmの根生葉は地面に接して開き光沢がある。
花茎は10cm前後で直立し、花被片6枚の花を付ける。
 「散策路図」の丸数字3、5、11、12、19番付近など湿原内のあちらこちらで見られる。
葦毛湿原で一番早く花を付けるので、この花が咲き始めると春を感じる。
 【平均開花時期 3月下旬〜4月上旬】


ホームページ 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12〜2月