和名:モウセンゴケ(モウセンゴケ科)
学名: Droseraceae rotundifolia

('96.5.11撮影) ('96.7.31撮影)

 日当たりのよい湿地に生える多年草で、葉は根生し基部はくびれて長い柄がある。
花茎を15cm位にのばし、直径1cm位の白い花を総状に付ける。
 葉に腺毛があり、その先から粘液を出して虫を捕まえ、腺毛も葉も虫を包むように湾曲し、腺毛から消化酵素を分泌する食虫植物である。
 「散策路図」の丸数字8、9、12、13番付近で見られる。
モウセンゴケとトウカイコモウセンゴケとの比較をトウカイコモウセンゴケのページに示す。
 【平均開花時期 6月下旬〜7月下旬】


ホームページ 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12〜2月