ライン

けった日記 NO.18
(ここでは適当に自分のこと、自転車のこと、
家族のことを、だらだらと書いていきます。)

2017年1月1日〜2017年12月31日分はこちら
2016年1月1日〜2016年12月31日分はこちら
2015年1月1日〜2015年12月31日分はこちら
2014年1月1日〜2014年12月31日分はこちら
2013年1月1日〜2013年12月31日分はこちら
2012年1月1日〜2012年12月31日分はこちら
2011年1月1日〜2011年12月31日分はこちら
2010年1月1日〜2010年12月31日分はこちら
2009年1月1日〜2009年12月31日分はこちら
2008年1月1日〜2008年12月31日分はこちら
2007年1月1日〜2007年12月31日分はこちら
2006年1月1日〜2006年12月31日分はこちら
2005年1月1日〜2005年12月31日分はこちら
2004年1月1日〜2004年12月31日分はこちら
2003年1月1日〜2003年12月31日分はこちら
2002年1月1日〜2002年12月31日分はこちら
2000年10月12日〜2001年12月31日分はこちら


6月4日(月)「とらいあんぐる通信81号」

6月2回目のツーリングから9月までの企画をあげました。今シーズンはすべての企画とも晴天に恵まれ楽しい
走りができています。皆さんの参加をお待ちしております。



5月9日(水)「GWサイクリングでチェーン破損」

先日のGWサイクリングの3日目の午前中、丹後半島の経ヶ岬あたりの坂を上っていたら突然チェーンの歯飛びが
起こりました。当初何かのトラブルとは思いましたが、みんなとの走行中だったのでそのまま走り続けて昼食時に
整備がてら点検すると、チェーンのコネクタピンのところのプレートが外れかかって浮いていました。幸い伴走車も
いたので通常ならリタイアでしょうが、あと半日走りたいものですから、浮いたチェーンプレートをペンチで絞めて、
チェーン切りでピンを少し押し込んだ応急処置をしました。その後はチェーンにトルクをかけないようにしながら
無事にゴールまで走り切りました。帰宅後、なじみの自転車屋さんで早速チェーン交換、すると「けっこうチェーンが
伸びてるよ。もうチェーンそのものが交換時期ですね」とのこと。このTOEI、主力自転車といっても年間1000km
も乗ってないので、チェーンが伸びているなんて考えてもいませんでしたが、記録を見ると前回の交換後8年たって
いることがわかりました。年間の走行距離が多くなくても、×8年ですので、そこそこ乗った距離になりますね。
ツーリング中、大事に至らなくてよかったです。これから消耗品のチェックには気を付けながら整備しましょう。

3月5日(日)「昨日は久々のペダリングで大変でした」

年末年始の台湾一周サイクリングで、しっかり台湾の暑さボケ。おかげで帰国後は日本の寒さに身体がなじまず
コタツが友達の生活が続きました。今週に入りようやく日差しが暖かくなったので、約2か月ぶりのポタリング
に出かけてきましたが、当初の計画が急遽変更となり、峠越え連発の強化練習ポタに・・・。おかげで今日はしっかり
筋肉痛です。台湾で走ったコースより日本のコースの方が手ごわいです。



2月12日(月)「3月から6月までのツーリング計画」

今年度前期のツーリングを企画しました。TOPページの下面の「とらいあんぐる通信」から覗いてくだ
さい。今年度も多くの皆様とサイクリングを楽しみたいと思います。興味のある方は「問い合わせ」から
メールでお問い合わせください。


1月21日(日)「パソコンが故障から返ってきました」

先週土曜日に台湾サイクリングCをアップして翌日。パソコンが急に立ち上がらなくなり、そのまま
パソコンショップに入院となりました。本日1週間の入院を経て退院してきました。パソコンは詳しく
ないのでちょっとトラブルがあると大変ですね。大事に使っていきましょう。しかし、パソコンの無い
この1週間久しぶりに時間に余裕ができてゆったりできました。不必要にパソコンを使っている時間
も多かったかもしれませんね。それでも、台湾サイクリングの続きもあげたいので、またパソコンの
前にへばりつく時間が多くなるのかな。


1月6日(土)「年末年始は台湾サイクリング行っていました」

遅れながら新年明けましておめでとうございます。今年もおつきあいよろしくお願いいたします。
さて、昨年末12月27日から本年1月3日まで台湾でサイクリングしてきました。計画では2人旅
でしたが、相方にアクシデントがあり、自分はサイクリング、相方は鉄道旅という変則な旅になり
ました。結果的には2000年NZ以来となるソロ海外サイクリングを大いに楽しんできました。
走り重視で観光はほとんどないという。学生の時のような一周屋的な走りでしたが、整備された
自転車道、日本と似たような風景だがちょっと何か違う風情を楽しむことができました。
また紀行文は、徐々にあげていきますのでよろしくお付き合い願います。
  

トップ アイコン
トップ

ライン